八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

レザークラフト 初心者がベルトループを作成してみた

スポンサードリンク

あれって何だろう?

画像が思い浮かんでいるのに、名前が出てこないことってありますよね。

最近そういう事、多いかも…ヤバくね?

どうも、八幡です。

 

今回、分からなかったのは「ベルトループ」です。

ベルトループとはなんぞや?という方に…

こんなのです。

サイフのスリ対策や紛失防止のために、ベルトに繋ぐためのアイテムですね。

チェーンと共に使います。

キーホルダー代わり使う方もいらっしゃいます。

これを自作してみました。

 

 

必要品

・コンチョボタン

 ベルトループには、これがないと締まりません。

 特に、ウォレットにコンチョがついている方は必須でしょう。

 コインコンチョなどは、その鮮明度により値段が変わってきます。

 こだわりが出せる部分なので、妥協は程々に。

 見比べると違いがわかる!!

 

・ナスカン

 チェーンを接続する金具が必要になります。

 一般的なのはナスカン

 とはいえ、ナスカンにもいろんな形状があるので、好みで選んでくださいね。

 ベルトループの幅に合わせなければならないので注意が必要。

 チェーン側にナスカンがついているなら、ベルトループ側は丸環でも、D環でも構いません。

 事実、八幡は丸環を使いました。

 

・カシメ

 かっこよく止めるなら、カシメを使用した方がいいと思います。 

 専用の打ち具も必要になるので注意。

 

作成課程一覧

  1. イメージ図&型紙作成
  2. ケガキ
  3. 床面処理
  4. 革の切り出し
  5. レザーバーニング
  6. コバ処理①
  7. 仮止め
  8. 菱目打ち
  9. 縫い付け
  10. コバ処理②
  11. 金具取り付け

 

1、イメージ図&型紙作成

f:id:happousyumi:20190508231225j:plain
f:id:happousyumi:20190508231236j:plain

 ネットでベルトループの画像を検索すると、あまり複雑な構造ではないみたいです。

 本来ならパーツは1つで済みますし。

 だからこそ、重要なのは金具やカシメをどのように付けるか、というデザインだと思います。

 イメージでは、金具の前後にカシメを取付けるハズだったんですけどね。

 余裕がなくて、出来上がりではカシメが一つになっちゃいました。

 皆さんは型紙の段階で、よく検討しましょう。

 

5、レザーバーニング

f:id:happousyumi:20190508231609j:plain

 うーん、失敗。

 焼き付け自体に文句はありませんが、問題は模様かな。

 ベルトループは半分に折って使います。

 使用する状態でデザインを考えないと後悔しますね・・・

 しばらく控えようかな。

 

7、仮止め

f:id:happousyumi:20190508232330j:plain

 ウォレットホルダーに合わせて、革を二枚貼りにするデザインなので、仮止めが必要です。

 使用するのはいつもの木工用ボンド。

 塗り広げやすいよう、コジヘラも使いましょう。

 

11、金具取り付け

f:id:happousyumi:20190508232840j:plain

 ジャンパーホック→コンチョ→カシメ

 の順番で取り付けました。

 いつもながら順番注意。

 やり直せない分、より慎重に。

 

完成品

f:id:happousyumi:20190508232904j:plain
f:id:happousyumi:20190508232901j:plain

 閉じたところと開いたところ。

 先に書いた通り、カシメは予定より一つ少ないです。

 革の厚さによっては、カシメの代わりに、バネホックの凸金具で代用も可能でしょう。

 半分に折った状態ではなんか、ビミョー。

 コンチョも鮮明ではなく、いまいち鈍い。

 一度作った身としては、造型が簡単な分、コンチョにはこだわるべきだと感じますね。

 コンチョは購入前に、大きさ確認をすることをおススメします。

 

 

 パーツも最小限なので、もっと手軽に作れそうですね。

 キーホルダーとしても使用可能なので、皆さんも挑戦してみてはいかがでしょうか。

 八幡でした。