八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

紀州釣り2019 2回目 男鹿地磯で挑戦 タモの手入れは十分か?

スポンサードリンク

男鹿半島の地磯に行ってまいりました。

フカセ?ルアー?

いえいえ・・・

紀州釣りです。

分かりやすく言うとダンゴ釣り

どうも、八幡です。

f:id:happousyumi:20190615222231j:plain

ワカサギから始まって、渓流に行くようになり、ほどなくして色々な釣りに手を出し始めました。

紀州釣りもその一つ。

今では八幡の釣りの中のメインの一角を占めています。

黒鯛は他にもフカセ落とし込みをしたりするんですが、ダンゴを投げるのが一番、性に合ってますね。

よくジジくさいと言われたりしますが・・・ほっとけ!

 

 紀州釣りとは

 紀州釣りって聞いたこともない方も結構いると思います。

 八幡もこの釣りに出会うまでは知りませんでしたし。なので、簡単に説明しておきます。

 「紀州釣り」とは江戸時代に釣りを奨励されていた紀州地方の武士たちが行っていたといわれる釣法。別名「ダンゴ釣り」ともいいます。

 ダンゴ釣りの名の如く、ダンゴ状に握った餌を投げて釣りをします。

f:id:happousyumi:20190615220912j:plain

 釣り方は、針に本命の餌をつけたら、その針を撒き餌のダンゴで包んで投げてしまうというもの。

 投げられたダンゴは海の底で割れて餌が飛び出る。

 魚はダンゴにつられて集まり、飛び出た餌に食いついてしまう、といったメカニズムです。

 よく考えられている。

 しかしダンゴを手で握るため、道具が汚れるからといって、あまり人気が出ない釣法でもあります。

 やってみると、それほど汚れませんよ。

 興味のあるかたはお試しあれ。

 フカセ釣りよりよほど簡単です。

 エサ代も安いしね。

 

本日の釣果

 普通紀州釣りというと、底を釣るため、海底が砂地などの港がメインステージなんです。

 でも八幡は気にしません。

 もちろん磯場は根がかりしますよ。

 しかし、根がかりを恐れていては大物は釣れません。

 八幡の場合、それでも釣れないですけどね。

f:id:happousyumi:20190615223119j:plain

 現場につくと天気はあまりよくない。風も予報より強めに感じます。

 夜から雨予報だから、天気が良くないのはわかっていましたが、風は予想外でした。

 波も高いなぁ。

 いつも入っている場所は波で濡れてます。

 常時波を被っているわけではないみたいですが、やめとこう。

 いつもより一段高いところで準備開始です。

 向かいの地磯ではフカセ釣り師?の皆さんが肩を並べてます。

 まだ朝の4時半だというのにお疲れ様です。

 幸いというか、こちらの地磯には誰もいません。

 八幡のみ。

 

 準備を始めて釣り始めは5時20分。

 ゆっくりしすぎたかな?

 以前に何度も入っているポイントなので、海底の状態も大体把握済み。

 エサ取りもそんなにいないため、最初に寄せダンゴを打っておきました。

 波の影響か。

 底が取りにくい・・・"(-""-)"

 うーん、底を切って流していると、たまーにアジがついてきます。

 クロダイを釣りに来てるのでアジは基本リリースです。

 

 釣り始めて、一時間半…

 ようやく底を取って、良い感じに流せてきましたよ~

 と思っているところで来ました。

 本日唯一の釣果


男鹿地磯で紀州釣り タモって重要!

 

 さらしの下に本命が隠れていたのは嬉しいのですが…

 これは醜態ですね。大醜態

 まさか、タモが伸びていかないとは。

 おかしいなぁ、去年は綺麗にしてからしまったはずなのに。

 それにしても焦ると人間何をするかわかりませんね。

 まさか竿を手放そうと考えるとは…

 素人か!!

 反省です。

f:id:happousyumi:20190615234525j:plain

  とりあえずの30cm。

 おそらくブッコ抜けたはずですが…

 まあ、釣れてよかった。

 

 

 他にもこんな事ありました。

 針から落ちたんで、たまたま柄杓でリリースした時の事…


狙われたリリースアジ

 リリースしたアジが狙われておりました。

 他にもリリースしていたのを、カモメはちゃっかり見てたんですね。

 賢い!

 思わず天を仰ぐ…

 

タモの手入れは万全に

 今回の醜態はタモの手入れが不十分だったことに尽きます。

 普段からしっかり手入れしておけば、自然に落ちていくはずなのに…

 洗って乾かして、専用品で磨いてあげてください。

 リールにもロッドにも使えます。

 こんなことは二度とないように、早速やろう。

 

ちなみに今季初の紀州釣りは港で行いましたが、ボウズでしたよ。

すがすがしいまで、アタリもなかった!

今回は醜態を晒したとはいえ、1匹でも釣れてホッとしましたよ。

八幡でした。