八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

渓流釣り 初めての渓流竿なら6m級のダイワ「清瀬」で決まり

 今年も春めいて来ました。

 雪解けが落ち着いたら、人との接触が皆無の山奥へ向かうでしょう。

 どうも、八幡です。

 

 山奥へ向かう理由は、もちろん渓流釣りをするためです。

 ここ十年間、八幡の春はそんな感じ。

 八幡の渓流釣りは民家が途絶える渓流域から、岩がゴロゴロしている源流域までを主戦場にしています。

f:id:happousyumi:20210310225811j:plain

 同胞の渓流釣り師が一番入る場所ですね。

 そんな八幡が、初期のころから現在まで使用している竿がダイワさんの「清瀬」です。

 初めての渓流竿なら、八幡は6m級の「清瀬」をおススメします。

 とりあえず渓流釣り始めてみたい。

 渓流で餌釣りを始めたけど、竿が合わなくて困っている。

 この記事はそんな渓流初心者さんに向けて書いています。

 渓流釣りを長年続けてきて「釣り味を深く味わうには・・・」「○○製の竿はカーブの曲線が美しい・・・」 とかいう玄人さん向けの記事ではありませんので悪しからず。

渓流釣りと「釣り方」

f:id:happousyumi:20210310230347j:plain

 渓流釣りとは、一般に河川の上流域で行う釣りのことで、メインターゲットがヤマメイワナなどの渓流魚。

 ウグイやオイカワなどの魚が生息する中流域の釣りは「清流釣り」または単に「川釣り」と呼んだりします。

 渓流釣りには「餌釣り」「ルアーフィッシング」「フライフィッシング」「テンカラ釣り」など大きく分けて4つの釣り方があります。

「餌釣り」

f:id:happousyumi:20210310230152j:plain

 4つの釣り方の中で唯一、生き餌を使う。

 リールなどの無いのべ竿に仕掛けを直接結び、餌を付けた針を川の流れに乗せて獲物を狙う釣り方。

 浮きなどは使わず、仕掛けに結んだ目印の動きでアタリをとる。

 餌が生きているので、他の釣り方より比較的簡単に釣れる。

 ただし射程が短い

「ルアーフィッシング」

f:id:happousyumi:20210310225938j:plain

 ルアー(疑似餌)で狙う。

 魚を模した疑似餌を泳がせ、ターゲットを誘う。

 ルアーにはスプーンミノーなどの種類があり、重さ・色・模様等が豊富。

 ルアーを投げる(キャストする)ことになるので、射程は長いが、枝がかりや根がかりに注意。

 キャストするスペースも必要となる。

「フライフィッシング」

f:id:happousyumi:20210310230010j:plain

 疑似餌を用いるが、こちらは羽虫を模した「毛ばり(フライ)」で狙う。

 羽虫が水面を飛び回る姿を模すため、竿やリール、ラインなどが特徴的。

 慣れてくれば、遠距離のポイントまで狙えるようになる。

 ただし、ラインが空中を舞うように動くため、広い空間が必要で釣り場を選ぶ。

 もっとも、技術が必要な釣り方。

「テンカラ釣り」

 こちらも毛ばりを用いる釣り方。

 和製フライとでもいうべき釣り方で、リールが無いのが特徴。

 リールが無いので、射程は竿+ライン分となり比較的短い。

 射程が短い分、見切られやすく魚とは1発勝負。

 ランガン向き。

 餌釣りと同じく、昔からある伝統釣法。

初心者向きの釣り方は…

 初心者であれ、自分の興味のある釣り方を選ぶべきです。

 興味が無いとやってても楽しくないですから。

 「釣り方より、釣果に興味がある」「釣れてなんぼ」という初心者の方におススメするのはやはり餌釣りです。

f:id:happousyumi:20210310225906j:plain

 生きている餌の分、魚の方から興味を示してくれますからね。

 ルアー等の疑似餌は生きている演技が必要ですから、より釣り師の腕が問われます。

 ルアーやフライは高い技術が必要なためゲームフィッシュと呼ばれたりもします。

 決して、餌釣りに腕が必要ないということではないですよ。

 あくまで比較して身につけやすい、釣果に繋がりやすいのが「餌釣り」だと思ってくださいね。

  そんなわけで、とりあえず渓流釣りを始めてみたい!とりあえず魚を釣ってみたい!という方は「餌釣り」を改めておススメします。

渓流竿に求められる性能

 では、渓流釣りで餌釣りを始めてみるとして、どんな竿を選べばいいのか?

 渓流で求められる性能は大まかに長さ」「硬さ」「重さ」「調子」「仕舞寸」の5つ。

f:id:happousyumi:20210310230542j:plain

 「長さ」はそのまま射程になります。

 長ければ長いだけ、遠くのポイントまで探ることができます。

 しかしその分、障害物に引っ掛かりやすく、取り扱いが難しくなります。

 「硬さ」は竿の反発力に関係します。

 一般的に超硬調~中硬調までの硬さにわかれます。

 硬ければ、かかった魚を寄せやすく一気に引き抜くことができます。柔らかければ、餌の違和感が減るため食い込みが良いとされます。

 「重さ」は何気に重要。たった100g、200gと思うなかれ。

 5m竿、6m竿を伸ばした時の重さは、10倍にも20倍にも感じます。

 これを「持ち重り」といいます。

 重いと操作性が悪いばかりか、持っていられず、釣りどころではなくなります。

 軽ければ軽いだけ良い。

 「調子」は竿が大きく曲がる位置の事。

 先端が大きく曲がるのを先調子、真ん中付近が曲がるのを胴調子、その中間を中調子と言います。

 早合わせが基本の渓流釣りは先調子~中調子が良いとされています。

 「仕舞寸」とは竿を縮めた時の長さ。

 ランガン時の携帯性に関わってきます。

 藪漕ぎや高巻きなどをする可能性がある限り、両手はフリーにしたい。

 竿の仕舞寸はリュックに入る長さが理想。

「清瀬」おススメのポイント

 ポイントを抑えたうえで、清瀬のスペックを見てみましょう。

  • 「長さ」 ~6.2mー5.7m
  • 「硬さ」 ~硬調
  • 「重さ」 ~167g
  • 「調子」 ~7:3調子(中調子)
  • 「仕舞寸」~53.6cm

 この竿を推す最大の理由はバランスが良いから!!

 八幡が渓流竿に求める性能に順番をつけるとすれば、1番目に「長さ」。2番目に「重さ」です。

 6mは本来本流域で用いるべき長さ。

 八幡はこれを源流~渓流域で使います。

 6mあれば、多くのポイントでブッシュに姿を隠したまま竿だけを伸ばし、餌を流し込めます。つまり魚の警戒範囲外から仕掛けることができるからです。

 これだけで、源流域のイワナは相当釣りやすくなります。

 5m級ではやはり少し短いですね。

 体感的には、たった1mで隠れられるポイントが半減です。

 他にも6m級で安い竿は色々ありますが、まず重い。

 6m以上で200gもあれば、重すぎて釣りになりません。

 重くても150g前後で納めたい。

 その点、清瀬は167gでギリギリセーフ。重く感じるものの片手で扱える範囲。

 他にも「硬調」で「中調子」。これらも許容範囲。

 仕舞寸は問題なしの53.6cm。

 つまり求められている性能を満たしているなかで、最もコスパが良いのがダイワの清瀬なのです。

f:id:happousyumi:20210310230621j:plain

 どうしても釣具はシマノさん派

 また、糸絡みのトラブルを少なくしたい。

 という方はシマノさんの「天平 (てんぴょう) 」をおすすめします。

 若干値段はあがるものの、求められている性能を満たしていますし、さらには糸絡みを軽減する「マイクロまわりリアン」を搭載しています。

 

まとめ

  • 初心者には「餌釣り」が比較的簡単。
  • 渓流竿には「長さ」「重さ」「硬さ」「調子」「仕舞寸」が求められる。
  • 6m級の渓流竿は戦略的に有効!!
  • 6m級の渓流竿で求められている性能を満たそうとすると、ダイワ「清瀬」に辿り着く。

 また、上の性能の竿が欲しくなった時、「清瀬」なら十分以上にサブ竿としても活躍してくれるでしょう。

f:id:happousyumi:20210310231020j:plain

 ホームセンターでは安価な渓流竿が売られていますが、そのほとんどは重く、役に立ちません。

 無駄物買いにならないよう、しっかりと検討してくださいね。

 八幡でした。