八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

レザークラフト ナイフ(ナガサ)のグリップをレザー仕様にしてみた

春になりました。

また、山へ渓流へむかう季節ですね(≧▽≦)

どうも、八幡です。

 

  渓流装備には色々ありますが、八幡が毎年持っていくかどうか迷っている装備に山刀があります。

 それがこちら。

 又鬼山刀・・・マタギナガサと読みます。

 大学生の頃、秋田の阿仁の道の駅で売っているのを見かけ、衝動買いしました。

 熊を狩る猟師、マタギの方が使う伝統的な山刀です。

 当時の自分には、当然のように使用する機会などあるはずもなく、ずっと箪笥の肥やしになっていました。

 渓流に行くようになっても、持ち出したことはありません。

 山菜を採る程度では完璧にオーバースペック。

 熊と対峙しちゃった時の最終手段ではあると思いますが・・・

 武器は多い方が気休めにはなるだろうか?

 

 現在のところ、たまーのたまに眺めているだけですね。

 で、たまに持つと思うのです。

 ・・・冷たい

f:id:happousyumi:20210503170235j:plain

 それもそのはず。

 グリップが金属むき出しなんですよね。

 というのも、山刀を棒に挿すことができるように、グリップの中は空洞となっています。

 棒に挿した山刀を槍代わりに使うのだとか・・・

 マタギの猟師さんは頭いいですね。

 とはいえ、八幡にはその必要がないので、グリップをレザー仕様にすることにしました。

 ・・・お試しなのでハギレで挑戦してみよう。

使用品

ハギレ

 

 八幡がグリップをレザー仕様にしたのは「フクロナガサ」の方ですね。

 菱目打ちの工程も縫う工程もないので、レザークラフトをやっていない人でも作れてしまいます。

 切って、穴開けて、革紐通すだけ・・・

f:id:happousyumi:20210503185114j:plain

 特別こだわりがなければ、革もハギレで充分いけます。

 一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 また、狩猟で使われる刃物なので、十分注意して取り扱ってくださいね。

 八幡でした。