八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

渓流釣り 釣りポイントの探し方・事前調査について

スポンサードリンク

釣れると聞いて実際行ってみたら、釣りをすることすら出来なかった

そんなことありませんか?

どうも、八幡です。

f:id:happousyumi:20200526114134j:plain

実際行ってみたら、立入禁止になってたとか…

よくある話ですよね。

釣りのポイント開拓には、やはり自分で行って何度か通ってみるしかありません。

それは渓流釣りでも同じ。

今回は渓流のポイント開拓や事前調査について、記事にしてみようと思います。

釣りポイントの探し方

 まずは調査する沢・林道に狙いをつけておく必要があります。

 どこに行ったらいいのか分からなければ、調査する事もできませんから。

 その時に役立つツールが「地図」です。

 主だった地図は次の3つです。

  • ネットマップ(グーグルマップなど)
  • 地理院地図
  • マップル 

ネットマップ

 正確に「ネットマップ」なるものがあるわけではありませんが。

 いわゆるネットで公開されている、グーグルマップヤフーマップなどのことです。

 マップを眺めていると、沢の近くを林道が通っているかどうかが分かります。

 気になる所は拡大して確かめると良いでしょう。

 さらに航空写真と切り替えて比較すると、意外に堰ていのある場所や駐車スペースが見えてくることがあります。

 ストリートビューで、林道の入口が確認出来る場合もあります。

 お手軽ですので、ぜひ活用しましょう。

地理院地図

 国土地理院で作成している地図は優秀。

 紙媒体でもありますし、ネットでも見ることができます。

 林道だけでなく、沢の名前堰ていの位置まで書き込まれています。

 標高や等高線も記されていますので、詳しくイメージしたいならこちらをおススメします。

 よく行く沢の周辺の一枚地図を手に入れて、あなただけの情報を手書きしていくのもあり。

 https://www.gsi.go.jp/tizu-kutyu.html

マップル道路地図

 特定地域の沢以外にも、色々な場所へ遠征に行く方に便利。

 沢に狙いを付けるだけなら、ネットマップに軍配が上がります。

 正直、沢や林道の情報はざっくりしかありません。

 しかしマップルにも長所があります。

 本形式になった紙媒体の地図であること」です。

 本形式のため、一枚地図よりも広範囲がカバーされています。

 また紙媒体のため「現地で気軽に確認気軽に書き込み」といった使い方が出来ます。

 使い込まれ、書き込みの増えた地図は、あなたの釣りの歴史であり財産にもなります。

 

事前調査5つのポイント

  • 遊漁禁止の有無
  • 立入禁止の有無
  • 駐車スペースの有無
  • 入渓(退渓)ポイント
  • 渓相の種類

  狙いを地図上で狙いを付けたら、事前調査では少なくとも以上の5つは確認しましょう。

 

遊漁禁止の有無

 そもそも遊漁禁止の場所では釣りは出来ません。

 事前に対象地域の漁協のHP等で確認しましょう。

 現地でも看板等で警告されていることがあります。

 

立入禁止の有無

 林道は街中の舗装路と違い、道幅が狭かったり、倒木落石など危険も多くあります。

 そのため立入禁止になっている場所もあります。

 下手したらがけ崩れで道が埋まっていたり、崩落していて林道そのものが無かったりします。

 立入禁止の看板があったら、無理に入らず引き返しましょう。

 

駐車スペースの有無

 林道は、林業など山で仕事をする方のために整備されている道です。

 林道は車のすれ違いも厳しい場所がほとんど。

f:id:happousyumi:20200526114619j:plain

 そんな道路にレジャーのために、車を停めるのですから、通行の邪魔にならない場所を選びましょう。

 スペースが無いからといって、無理に駐車してはいけません。

 立入禁止になってしまいます(>_<)

 

入渓(退渓)ポイント

 駐車スペースを見つけたら、安全に沢に入るポイントも見つけておきましょう。

 大抵は駐車スペースの近くに、先人が切り開いた入渓ポイントがあるはずです。

 不自然に草が倒れている場所は要チェック。

 また退渓ポイントは入渓ポイントと重なることが多いので、沢に入る前に「降りれるか?」だけでなく「登れるか?」をしっかり見極めましょう。

 普通は登りより降りが難しいので、降りれる(入渓できる)なら、登れる(退渓できる)場合がほとんどです。

 

渓相の種類

 沢に降りたら、どのような沢なのかを見ておきましょう。

f:id:happousyumi:20200526114846j:plain
f:id:happousyumi:20200526114834j:plain

 藪は濃いのか、薄いのか。

 水量は多いのか、少ないのか。

 沢は平坦なのか、急なのか。

 少なくとも以上のことが分かれば、釣り方も決まってきます。

 もしくは、自分の釣りスタイルに合っているかどうかが分かるでしょう。

まとめ

 渓流釣りのポイント開拓は、事前に調べることも重要です。

 地図で狙い」をつけ、「現地で事前調査」して、「釣」という流れになります。

 事前調査と実釣が一緒になることもままありますケド。

 地図を見ることは、空いた時間でできるので、暇なときは眺めてみてはいかがでしょうか。

 実際に釣れるかどうかは、沢のポテンシャルとアナタの腕次第!

 八幡でした。