八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

扁桃腺摘出手術4 体験記後半 食べれるものを食べよう

スポンサードリンク

「八幡さんは扁桃腺の術後なんですね。今日は週一回の麺の日ですけど、おかゆにしてもらいましょうか?」

おねがいします

細かい気配りの効く、いい病院だなぁと思った八幡です。

 

扁桃腺摘出手術の体験記後半です。

何か長くなってスミマセン。

この記事は

  • 扁桃腺摘出手術が決まった方
  • その家族の方
  • 手術を受けるか検討している方

に読んでいただけると嬉しいです。

 

 

扁桃腺摘出手術、体験記後半

 入院中は検温と食事量の記入、飲んだ薬の空き容器の提出が義務付けられてました。

 これに加え、患部に異常がないかの診察が一日一回あります。

 

術後2~4日目

 熱は37度台をキープ。

 痛みはひかず変わらず。

 黙っていても慢性的に痛い。つばを飲んでも、水を飲んでも痛い。

 しゃべると痛みが増し、食べると激痛。

 でも食べないと点滴を打たれる。

 点滴は行動の自由がなくなるし、勘弁してほしかったです。

 仕方なく、なんとかおかゆを半分、おかずを3割食べるようにしていました。

 おかずの内容はこんな感じ

f:id:happousyumi:20190121133227j:plain

 おかゆ以外はあまり他の方と変わらないかも。でも酢の物禁止とか、柑橘類禁止とか、決まりがあるようです。

 一口一口が痛いので遅々として進まず。一回飲み込むのに心の準備をしては、飲み込んで痛みに悶える。

 看護師さんが食器を下げに来ても、まだ2割も食べてない状態。スミマセン。

 

 はじめての大部屋。

 これからは術後の痛みだけに気にかけててもいけません。周りの人の迷惑にならない様にしなければ…。

 八幡は整形外科の大部屋に入りました。特にお互いあいさつなどは無かったです。

八幡以外は怪我で入院されていた方のようです。車椅子や松葉杖を使用していましたから。

 皆さん食事食べるのメッチャ早いんです。

 コチラが一口食べるのもやっとの中、カチャカチャと聞こえる食器の音と咀嚼音。

 うらやまし~~

 多分八幡がスタスタ歩いていく歩行音に、同じ思いを抱いていた方もいたのかな?

 お互い様ですね。

 健康って大事!

 

 お風呂はシャワーのみですが、術後3日目から入れました。

 それまではボディーシートでしのいでました。

 術後2日目までしか使いませんでしたが、必要な方は用意された方がいいと思います。このようなボディ用です。

 

 一度、気になって鏡で口の中がどうなっているのが見てみました。

 扁桃腺があった場所に、白いぶつぶつがたくさん出来ていて気持ち悪い・・・

 診察時に聞いたところ、皮ふでいうとカサブタにあたるものだと教えてくれました。

 経過も順調で、良かったです。

 それでも口の中が乾かないよう普段からマスク

 寝るときは保湿マスクを使用しました。入院日数分…10枚くらいは必要です。

 

術後5〜8日目

 5日目もすぎると熱も下り、痛みも落ち着いてきました。

 黙っているだけで痛いと言うことはありません。

 この頃には入院生活も慣れてきて、もう一週間くらいいてもいいなぁ、なんてバカな事まで考えていました。

 ただ相変わらず食事は痛い!

 よく、入院生活の楽しみは食事だけとか聞きますが、扁桃腺手術後の患者には苦痛でした。しかも1日に3回も…

f:id:happousyumi:20190121133216j:plain

サラダにトマトがつきました。

これ…痛いんじゃなかろうか?

 

 食事をまともに食べれない八幡が、なにで生き延びていたかと言うと…

 プリンアイスです。

 甘い物は基本的に染みません。硬いものもアウトなので自然と選択肢がしぼられてきます。寒天やゼリーも食べましたね。

 アイスは冷えていて鎮痛効果があるのか、痛みが少しマシな気がします。

 取り敢えず甘党なので、八幡に不満はありません。

 毎食後、どちらかは食べていましたね。

 お見舞いに来てくれた人もプリンを買ってきてくれたので、足りなくなることはなかったです。

 お見舞いに来てくださった方々、本当にありがとうございました。

 あまり、お話しできなくてごめんね。

 

 喉以外は元気なので、院内コンビニによく行ってました。基本暇なので…

 アイスはコンビニで調達。

 一度、エレベーターを待つのが面倒で1階のコンビニから5階の病棟へ階段で登りました。ここで、自分の体力の低下にびっくりしました。

 たかだか5階分の階段を歩いて登るだけで、息が切れ足に疲労がたまる。手すりにつかまり、肩で息をしている。

 手術は恐ろしく体力を持って行くのだと、この時気付きました。

 それからは機会があれば階段で移動する様にしてました。

 病弱ではありましたが、軟弱な身体にはなりたくなかったんですね。

 今思えば、ちゃんと回復してからでも良かったと思います。

 皆さんはちゃんと休んで回復させましょう。

 

f:id:happousyumi:20190121134240j:plain

 大部屋生活で一番必要だと感じたのは「高級耳栓」です。

 いびき対策です。

 いびきばかりは、他の方も自分の意志でどうにもできませんからね。

 痛みがうずいて中々眠れないのに、いびきで起こされては参ってしまいますから。

 100均ものは役に立ちません。

 猛者のいびきの前には、大砲の前の紙の盾と同じです。

 悪いことは言いません。

 耳栓はちゃんとしたものを用意しましょう。


 

 

 入院最終日は残念ながら、担当してくださった先生が不在で、別の先生が診察してくれました。

「痛いだろうけど、頑張って家でも食事とってね。

どうやら過去の患者さんに聞くと、うどんとかの麺類がいいみたいだよ。」

「・・・?」

「結局痛みはさ、切除した部分が他の部分に擦れると痛いわけ。

その点麺類はのど越しが良くて、弾力あるから痛くならないみたいだねぇ。」

 ・・・先生、その情報は病棟の看護師さんや他のスタッフと共有してください。

 週一回のうどんをおかゆに変えて苦しんだじゃんよーー(T▽T)

 

退院後

 家に帰って、その日の夕飯に早速うどんを試してみました。

 恐る恐る口に運び、覚悟をきめて飲み込む・・・

「あれ?痛くない・・・」

 感動しましたね。

 いやー痛いには痛かったのですが、痛みが今までの半分以下に感じました。

 頼りにしていたプリンやアイスより痛くなかったです。

 なぜ今まで教えてくれなかったのだろう。

 

 家では母が気を使ってくれて、色々食べれそうなものを用意してくれてました。

 「プリンやアイスだけでは身体に悪かろう。」という思いだったようです。

 一度野菜分が足りないという事で、野菜ジュースをゼリーにして出してくれました。

 ありがとう・・・でも、一番痛かったです!

 なんで、酸味たっぷりトマトベースの野菜ジュースをチョイスしたかな・・・?

 あれが、食事で一番悶えました…

 二口目でギブ。

感謝の言葉とともに

食事は時間も量も自分のペースでとるから、準備はしなくていいよ。

一か月くらい、野菜食わなくても死なないから、食べれるものだけ食べさせて」

と伝えました。

本当にありがたかったんですが、痛みには勝てない…

 

 ご家族の方、心配なのは分かりますが、しばらくは本人のペースで好きなものだけ食べさせてやってください。

 八幡の場合、1か月位で普通の食事に戻りました。

 大事をとって辛い物、酸っぱいものは2か月我慢しましたね。



一年経過して

f:id:happousyumi:20190121134457j:plain

 正確には1年2か月くらい経過しています。

 八幡の実感としては手術して正解!大正解でした!

 確かに術後の痛みはひどいし、1か月は苦しみます。

 声もなかなか出せません。

 しかし痛みは、喉元過ぎればなんとやらです。

 

 それさえ超えてしまえば、健康体です。

 すぐ風邪をひいてしまうリスクに怯えなくて良くなります。

 実際八幡のこの一年は

 インフルエンザ1回、風邪1回です。

 インフルエンザは仕方ないにしても、風邪1回は驚異的です。

 風邪回数1回

 最大発熱37.3度

 期間6日間

 扁桃腺摘出手術では風邪をひく回数は0にはなりません。風邪をまったくひかなくなるわけではないんです。

 しかし、今まで年に約5か月程具合が悪かった期間が、術後は6日になりました。

 これは大きい!!

 

 仕事場でバカにされることもありません。

 1回の風邪にかかっていた費用も大幅カットです。

 何より、これでまた色んな趣味に没頭できます。

 

 手術を迷っている方

 この記事があなたの参考になれば幸いです。

 次こそ入院中にあって良かったものを書こう。 

 八幡でした。

 

 

www.happousyumi.com