八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

ワカサギ 木くずが手につかない!サシ用エサ箱を自作してみた

スポンサードリンク

楽しいワカサギ釣り。

でも、やってみると幾つかの大変な面もあります。

どうも、八幡です。

 

その一つに、サシエサを用いた時に手につく木くず。

これが何気に大変。

手についたままにしておくと、他の道具や服が汚れてしまいます。

なので、タオルなどで手を拭きますが、餌付けのたびに手を拭くのは面倒。

特に小まめなエサ変えが必要となる、食いが渋い時はなおさらです。

そこで今回は、木くずと餌のサシを、簡単により分けられるエサ箱を自作してみました。

 

ちなみにダイワさんから既製品も発売されています。

 

 必需品

f:id:happousyumi:20200107231523j:plain

 今回、材料として必要なのはこの2つ。

 「ワイドクリアケース」と「小麦粉ふりふり」の2つ。

 ちなみにどちらも百均のセリアさんで手にいれました。

f:id:happousyumi:20200107231845j:plain

 後、工具として必要なのがグルーガン

 これも百均で手に入ります。

 百均品はコードが短いので、延長コードがあると便利ですね。

 

作成過程

 作り方は簡単です。

 材料見ただけで、ワカサギ釣り師はわかっちゃいそうですけど…

 時間のある方は、お付き合いください。

 

 まずはワイドクリアケースの一つに穴を空けます。

f:id:happousyumi:20200107232452j:plain

 この作業が今回一番大変。

 八幡はミニルーターのドリルで小さい穴を円状に空けていき、最後は穴と穴の間をニッパーで切り取っていく、という力業で穴を空けました。

 なので、少し円の淵がゴツゴツしてます。

 ケースはプラスチック製なので、熱したカッターなどを押し付けて溶かす、という方法もあります。

 穴を空けたら、次は「小麦粉ふりふり」からネットを取り出します。

f:id:happousyumi:20200107233321j:plain

 「小麦粉ふりふり」で必要な部品はこれだけ。

 簡単に取れます。

 これを、先ほど穴を空けたケースにはめ込みます。

f:id:happousyumi:20200107233541j:plain

 うん、ピッタシ。

 もし、多少大きくてもハサミで簡単に切れるので、調整も簡単です。

f:id:happousyumi:20200107233858j:plain

 あとは、はめ込んだネットをグルーガンを使って接着するだけです。

 八幡は脇の周りをぐるっと1周しましたが、取れてこなければいいので、多少テキトーでも構いません。

f:id:happousyumi:20200107234314j:plain

 こんな感じで完成です。

 簡単でしょ。

 穴さえ空けれれば楽勝です。

 

まとめ

 今回の自作は、ケースに穴を空け、「ふりふり」からネットを取り出し、ケースにグルーを使って貼り付けるだけ。

 とても簡単ですが、使い勝手は良いです。

 ネットの網目が大きいお陰か、すぐに木くずが下に落ち、サシを取るときに木くずが手につきません。

 そのかわりサシも下のケースに脱出しようとします。

 実際、何匹かはネットの下に逃れますが、大半はネットに引っ掛かり、逆に採りやすくなります。

 網目の大きさが絶妙だからですね。

 他のネット…急須の網や油こし等も試しましたが、金製は切るもの大変ですし、網目が細かく木くずが逃げていきません。

 八幡は「小麦粉ふりふり」をおススメします。

 さらに接着にはグルーを使用してください。

 一度接着剤で試しましたが、匂いがついてしまうので断念しました。

 その点、グルーは無臭なので、匂いの心配はありません。

 

 ただ少し大きいのが欠点です。

 道具入れに余裕のある方には問題ありませんが、荷物が多い人にとっては厄介かも。

 いずれにせよ、メリットの方が大きいので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 八幡でした。