八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

レザークラフト 初心者がウォレットホルダーを自作してみた。後編

スポンサードリンク

娘のスマホケースが思いのほか出来がよく(自分的にはですが…)、もうちょい大きいものもつくれるんじゃね?

と、いい気になってしまった!

すいません、悪い癖です。

次はウォレットホルダーを作ろうと意気込んでみたものの、結構大掛かりかもと感じています。

どうも、ちょっと不安な八幡です。

 

前回は型紙作成まで行いました。

 

www.happousyumi.com

 

革と他の部品を購入し、作成に入ります。

思いの外、費用がかかりました。

 

 

作成手順一覧

1、イメージ図作成

2、型紙作成

3、革への写し

4、床面処理

5、革の切り出し

6、コバ処理①

7、レザーバーニング

8、仮止め、ガイドライン引き、穴あけ

9、菱目打ち

10、縫い付け

11、ハトメ付け&カシメ付け

12、コバ処理②

13、コンチョつけ、革ひも

14、最終調整

 

3、革への写し 5、革の切り出し

 今回は革を3種類使います。

 通常のヌメ革キナリ2mmと1.5mm黒のヌメ革1mmを用意しました。

f:id:happousyumi:20190413081901j:plain

 切り出すとこんな感じ。

 本体となるパーツ1にキナリ2ミリ。

 表側でウォレットを覆うパーツ2と、ベルト部分のパーツ4にキナリ1.5mm。

 パーツ3、パーツ5、パーツ6には黒1mmを使用しました。

 黒パーツはキナリパーツに重ねて使います。

 

 切り出した革に、ハトメやカシメのための穴もあけていきます。

f:id:happousyumi:20190413082254j:plain
f:id:happousyumi:20190413082256j:plain

 型紙を切り出した革に重ねて、目打ちで型紙ごと上から押し付けます。
 ズレるとハトメもカシメもズレちゃうので気を付けてください。

 

8、仮止め、ガイドライン引き、穴あけ

 仮止めは木工用の速乾ボンドで行いました。

 穴あけや菱目打ちで仮止めが取れないよう、それなりの強度が必要です。

 ボンドは乾きも早く強度もそれなり。

 丁度いいのです。

f:id:happousyumi:20190413091117j:plain
f:id:happousyumi:20190413091131j:plain

 ガイドライン引きや穴あけは、仮止めをしてから行いました。

 重なるパーツに菱目を打ったり、穴をあけるのは仮止めしていないとズレますからね。

 

11、ハトメ付け&カシメ付け

 ホックをつけた経験はあっても、ハトメカシメは初めてです。

 ですが基本は変わりません。

 受け皿と打ち具で、ハトメやカシメなどの金具を打ち付けていきます。

 受け皿や打ち具は専用の物を、使わなければなりません。

 大きさも複数ありますので、大きさに対応したものを用意しないといけません。

 ホックの時と同じです。

 何気にお金がかかりますね。

f:id:happousyumi:20190413092456j:plain
f:id:happousyumi:20190413092514j:plain

 左がハトメで右がカシメ。

 八幡が使った打ち具は、ハトメもカシメも専用品ではありますが、レザークラフトの専門品ではありません。

 手芸の専門品です。100円程度安かったので買っちゃいました。しかし、使用してみて失敗だっと気づきました。

f:id:happousyumi:20190413095506j:plain

 手芸用の打ち具は縁が若干広いんですね。

 なので革が厚いと縁の型がついてしまいます。

 皆さんが購入するときは、レザークラフト専用品を購入してくださいね。

 やはり専門品は専門品の理由があるんですね~。

 安さに釣られてしまった・・・

 

13、コンチョつけ

 コンチョ付けも初めての作業。

 これも専用の打ち具で打ち付けるのかと思っていたら、どうやら違うもよう。

 レザークラフトのコンチョは、ネジ式になっているのですね。

f:id:happousyumi:20190413100102j:plain

 革とジャンパーホックの凹金具を挟んで、ネジ止めします。

f:id:happousyumi:20190413100337j:plain

 凸金具は従来通り、打ち付けて固定します。

f:id:happousyumi:20190413100825j:plain
f:id:happousyumi:20190413100835j:plain

 裏と表。

 こんな感じでジャンパーホックの機能を持った、コンチョボタンの完成です。

 凹金具の大きさに合ったネジでないと止められないので、コンチョ選びの時に気を付けてください。

14、最終調整

 一応完成したのがコチラ。

f:id:happousyumi:20190413101445j:plain

 ですが、実際に財布を入れてみると隙間がありすぎました。

 調整が必要です。

f:id:happousyumi:20190413101850j:plain

 解決方法として、縫い止めしていたサイドと下方を、カシメで止めることにしました。

 カシメを打つ分、革が重なるので隙間が少なくなる、というわけです。

 丁寧に糸を解いて単体で縫い直します。その後カシメを打ちます。

f:id:happousyumi:20190413102316j:plain

 これで調整もOKです。

 完成品

f:id:happousyumi:20190413102600j:plain
f:id:happousyumi:20190413102609j:plain

 表と裏。

f:id:happousyumi:20190413102751j:plain

  財布を入れたところ。

 サイドを革ひもを使って止めているため、財布の大きさによって多少の調整が可能です。

 上方に多少の隙間がありますが、財布が出てくることはありません。

 

 なんとか形になりました。

 革が厚いと、作りもしっかりして見えますね。

 今回は想像以上に革の使用量が多かったです。

 レザーバーニングは必要なかったかなぁ。

 後日、別の飾りになる革を縫い付けるのも、ありかもしれませんね。

 ですが自分的には満足です。

 八幡でした。