八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

SEO対策でブログタイトルにキーワードをいれる...どう決めてるの?

スポンサードリンク

ブログをやっておられる皆様のほどんどは、SEO対策に興味があると思います。

もちろん僕も興味あります。

どうも八幡です。

前回も似たような書き出しだったような・・・

今回はタイトルについて。

具体的にはタイトルに入れるキーワードを、どのように決めているかというお話

 

 

グーグルやヤフー検索を活用する

 ブログに書きたい内容を考えたとき、中心となるキーワード考えます。

 今回でいけば「キーワード」だったり、「タイトル」だったりするわけです。

 そのキーワードをグーグル先生やヤフー教授に検索してもらう。

 これが一番簡単。

 例えば「キーワード」で検索してみましょう。

f:id:happousyumi:20190412214208j:plain

 グーグル先生に調べてもらうと、検索すると一番下に、他の候補があがります。

 

f:id:happousyumi:20190412214426j:plain

 ヤフー教授に依頼しても、同様に一番下にほかの候補が上がります。

 ヤフー教授でいえば、虫眼鏡機能とかいうんでしたか…

 それで他の人がそのキーワードで、他にどのような単語・・・「副キーワード」と一緒に検索しているかわかります。

 さらにその候補をクリックすると、また一番下にほかの候補が示されます。

 クリックするごとに階層が一つ下に行きます。

 この仕組みを利用して、どの単語がどの程度検索されてるか推測することが可能です。

 自分の書きたい「内容」と「キーワード」を結び付けて、読者の目に止まる工夫をしましょう。

 そして競合が少ない「キーワード」&「副キーワード」を選びましょう。

 

無料ツールの活用

 無料ツールを活用するのも有効な手段です。

 おススメは「goodkeyword」と「OMUSUBI」です。

 グーグルやヤフーで検索するとすぐに出てきます。

 一見は百聞に如かず。

 見ていきましょう。

 

goodkeyword

f:id:happousyumi:20190412214804j:plain

 グッドキーワードのツールで検索すると、グーグルBingなどの検索キーワードが表示されます。

 実際に「キーワード」で検索すると

f:id:happousyumi:20190412214943j:plain

 と表示されます。

 グーグルで92件、Bingで58件、他のキーワードとともに検索されているとわかります。

 「副キーワード」が一目瞭然でわかります。

 下の階層を知りたい時は「キーワード」と「副キーワード」の両方を入力して検索すればOKです

 八幡にはこのツールがとても使いやすいです。

 実際にグーグル先生やヤフー教授に教えていただくよりも、活用していますね。

 

OMUSUBI

 「おむすび」とは言いえて妙ですね。

 いいネーミングのツールだと思います。

 キーワードを通して、ブログと読者を結び付ける、という意味でしょうか。

 そして面白いツールです。

f:id:happousyumi:20190412221012j:plain

 画面を見ると階層まで一目瞭然ですから。

 どの単語がビックキーワードなのかも、視覚的に簡単に分かります。

 「副キーワード」をクリックすると階層が逆になり、キーワードに別のつながりが見えてきます。

 とても面白い。一度試してみることをおススメします。

 

タイトルの文字数にも気をつかおう

 最後に気を付けてほしいのは「記事のタイトルは32文字程度にしよう」ということです。

 なんで32文字なんでしょう?

 

 「記事のタイトルにはキーワードを入れましょう」

 SEO対策で一番言われていることですね。

 なので一度考えたことはありませんか? 

 「タイトルにキーワードをめっちゃ入れたらいいんじゃね?」

 タイトルがどんなに長くなっても、キーワードがたくさん入っていればSEO的にいいのではないかと・・・

 長いタイトルに対して、グーグル先生やヤフー教授がどう考えるかはわかりませんが、読者的には良くありません。

 長くなると記事の内容が推察しにくくなりますし、「文章は簡潔なのが一番」という読者が多いでしょうから。 

 そんな中、なぜ32文字なのか・・・ 

 

f:id:happousyumi:20190412225152j:plain

 グーグル先生が検索結果を表示すると、このように出てきます。

 この表示の一行目が32文字なのです。

 二行目も数文字出てくることがありますが、これが途切れているとタイトル全体が判らなくなります。

 少なからず敬遠する読者もいるかもしれません。

 

 文章と同じく、タイトルも「簡潔で読者にわかりやすく」が基本なのですね。

 その基本に乗っ取ってキーワードを入れていきましょう。

 

まとめると

  • グーグルやヤフー検索の活用

  • 無料ツールの活用

  • タイトル文字数にも気をつかおう

ということになります。

 

いかがでしたか?

キーワードの決め方について迷っているなら、無料ツールを一度使ってみてくださいね。

八幡でした。