八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

渓流釣り2019 4回目 久しぶりの尺イワナをゲット

スポンサードリンク

安定を求めたくなるのは人間の本能なんでしょうか

しかし渓流釣りで同じ沢にばかり入っていては、その沢をダメにしてしまいます。

根こそぎ禁止!

どうも、八幡です。

 

同じ沢でも釣る範囲を変えるとか、そもそも別の沢に入るとかの配慮も必要ですね。

釣った魚を全部リリースしてれば別ですが。

そんな訳で沢を渡り歩いている八幡ですが、今回は三年前にボウズをくらった沢にリベンジに行ってきました。

f:id:happousyumi:20190608202024j:plain



3年前は1匹も釣れなかったし、一つのアタリもなかったし、逃げる魚影すら見かけませんでした。

渓相は超八幡好み。

でも渓流魚は不思議なほどいませんでした。

気配すらない・・・

今回はどうなるんだろう?

ボウズ覚悟で出撃です。

 本日の釣果

 この沢は砂防ダムはないものの、登山道が並走しています。

 高低差があり、階段状の渓相を形成しています。

 大きな岩が多く死角が生まれ、こちらの視線は通りませんが、渓流魚からもこちらの姿が確認されにくい渓相です。

 八幡が大好きな渓相ではあるのですが、絶好のポイントでも魚がいない。

 なんでだ?

 登山道があり、沢へのアクセスがしやすいことが原因でしょうか?

「人が入りやすい=魚がいない」

 この法則に間違いはないのだろうか?

f:id:happousyumi:20190608203251j:plain

 実釣は10時半から。今回も早朝出撃は出来ませんでした。

 その分気合をいれて釣りに臨んだんですが…

 釣り始めて2時間。

 アタリもねぇ。魚影も確認できねぇ。

 昼飯を食べながら焦ります。

「1匹だけでも釣りたい・・・」

 

 昼食を終え釣りを再開したその直後…

f:id:happousyumi:20190608215458j:plain

 本日1匹目!

 サイズは20cm弱です。

 当然リリース。

 でも、この沢にもイワナさんがいてくれてホッとしました。

 

 残念ながら動画は撮れてませんでした…

 釣る前と釣った後が映ってまして・・・

 なんでやねん!!

 とりあえず写真には収めて、サヨナラです。

 手で渓流魚を触るときは、水で手の温度を下げてからですよ。

 そのままでは人間の体温で、渓流魚が火傷をしてしまいます。

 

 本日二匹目は引き上げ前の最終ステージで釣れました。

 最後ということで、気が抜けてたんでしょうね。

 最初は録画ボタンを押し忘れました。

 ファイト途中で気づき、ボタンを押している間に潜られました。


渓流釣り  尺イワナ ファイト途中から潜ったイワナを引き上げる

 一度ファイトしているためか、少し弱っている感じを受けます。

 でも尺ものは久しぶりなので嬉しかったなぁ。

 さすがに尺ものはタモに納めます。

 ブッコ抜いて、ラインが切れては元も子もないですからね。

f:id:happousyumi:20190608231243j:plain

f:id:happousyumi:20190608222223j:plain

 本日2匹だけでしたが、最後の最後で大物が釣れて大逆転でした。

 尺イワナさんにはお帰り願いました。

 悠然と戻る姿に貫録があります。

 

虫刺されにご用心

 今回の釣行はいつも装備している蚊取り線香を忘れました。

 お陰で虫対策が手薄となり、その結果顔を中心に刺されまくり、右目が「お岩さん」状態に…

 次の日、片目が開かない非常事態に発展しました。

 蚊取り線香って大事ですよ。

 皆さんは蚊取り線香ではなくてもいいので、虫対策を忘れずに行ってくださいね。

 

 今回は尺ものは釣りあげましたが、動画がうまく撮れませんでした。

 うーん、何か良い方法はないものか・・・

 課題は尽きませんね。

 八幡でした。