八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

DIY 2×4材で折りたたみテーブルを自作してみた

スポンサードリンク

盆正月は親戚の家に集まる方も多いと思います。

我が家は両親と同居のため、集まってくる方。

どうも、八幡です。

 

その際困るのが、食事の時席が足りないこと。

そこで親父からこんな指令が・・・

父「テーブルを作ってくれ。ただし普段は使わないから、折りたためるやつで頼む。」

言う方は簡単だー。

費用は出してくれるらしいので、まあいいか。

ということで、折りたたみテーブルを作ることになりました。

脚の折りたたみをどうするかが一番の問題だなー。

 テーブル材料と図面

 テーブルは大きく二つの部分に分かれます。

 天板

 一番簡単なのは、でかい板に強度のある金属製の脚を取り付けること。

 金属製の脚は一万円程度で通販はもちろん、探せばホームセンターにも売ってます。

 その他にも折りたたみようの金具も売ってます。

 こちらは3000円くらいから。

 折りたたみの金具は、どちらかというとローテーブル向けっぽいですが。

 年2~3回程度の使用頻度なので、なるべく費用もかけたくない。

 費用をかけてしまったら、「買った方が安いんじゃね?」ってなってしまうのでそれは避けたい。

  ホームセンターで色々物色した結果…

 天板はこちら

f:id:happousyumi:20201215161422j:plain

 集積材を使うことにしました。

 コンパネにヘリンボーンを作る事も考えましたが、年数回の使用頻度は労力に見合ってない。

 パイン集積材ならコスパもいいし、反りも少ないので天板に向いてると判断しました。

 脚は加工のしやすい2×4材で。

 強度的にも2×4材なら大丈夫でしょう。

 そうと決まれば次は図面。 

 

f:id:happousyumi:20201215161802j:plain
f:id:happousyumi:20201215161758j:plain

 展開したところと折りたたんだところ。

 折りたたんだ図の離れたパーツは、強度補強の「トンボ貫」です。

 下は木取り図。

f:id:happousyumi:20201215162216j:plain

f:id:happousyumi:20201215162230j:plain

 材料は以下の通り

・パイン集積材25mm厚 1820mm×910mm

・2×4材 1820mm×5本

 一応、切しろは3mmに設定しているので、ちょっと隙間が見えるかも。

 設計図等は「もでりん」で作成。

 ソーガイドのオマケとしてついてくる無料アプリですが、使い勝手がすごくいい。

  いつものように、木取り図どおり2×4材をホームセンターで切ってもらいます。

  サンダーがけまでしたら後は家での作業。

f:id:happousyumi:20201215164758j:plain

 天板となるパイン集積材は丁寧にワックスがけします。

 使うのはいつものビンテージワックス

 天板なので2度掛けしました。

 使うときはテーブルクロスをかけますが・・・

f:id:happousyumi:20201215165744j:plain

 ワックス前と後の比較。

 木目がくっきり。

 塗装をしない時はクリアワックスが必須。

 これだけで映えますね~。

 また、傷は防げませんが、汚れ防止にはなります。

 

 他のパーツには、木ネジの下穴を空けていきます。

 いつもと違うのは鬼目ナットを使うこと。

 ↑こういうの。

  6角レンチでねじ込むタイプと、木槌で打ち込むタイプがあります。

 八幡が用いたのはねじ込み式。

 木材にナットを植え込みは意外に簡単。

 ナットより1~2回り小さい下穴を空けて・・・

f:id:happousyumi:20201215172142j:plain
f:id:happousyumi:20201215172140j:plain

 後はレンチで回しながら植え込みます。

 下穴が大きいと、ナットを取り付けられなくなるので注意してください。

f:id:happousyumi:20201215172205j:plain

 植え込んでしまえば、ボルトで他のパーツを簡単取付けできます。

 取り付けたのは矢印の個所。

f:id:happousyumi:20201215174146j:plain

今回は脚の出し入れのために使いました。

他にも強度を補強するための「トンボ貫」の固定にも使用しています。

f:id:happousyumi:20201215174840j:plain

 これが「トンボ貫」。

 これがないとグラつきまくります。

 残念ながら、このパーツだけ単独となってしまいました。

 良い方法が思いつかんかった・・・

 脚を組み立てたら、最後は天板に設置して終了。

 設置には金具を使いました。

  2×4材の金具になります。

 ホームセンターでなかなか見かけなかったので、事前にネット注文しとけばよかった。

 4つもホームセンターをはしごしましたよ。

 

完成品

f:id:happousyumi:20201215180405j:plain

 こちらが完成品。

 トンボ貫の位置が高いので、多少グラつきます。

 位置が低いと脚が畳めなくなるので仕方ない。

 まあ、使用に支障はないのでいいか~。

 ちなみに費用は11000円程度でした。

 金具やボルトにも結構かかるなー

 とはいえ、買うよりは安いですね。

 これで盆正月は心配ないね。

 八幡でした。