八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

ワカサギ暖房はガスかホワイトガソリンか? ガス暖房の使用方法

スポンサードリンク

ワカサギ釣りにハマってくると、色々な物が欲しくなります。

実際必要なので、揃えるしか無いんですが…

どうも、八幡です。

 

東北ワカサギ釣りのメッカといわれている岩手県の「岩洞湖」。

この釣り場に行き始めてから、暖房を用意する必要に迫られました。

岩洞湖はマイナス20℃にもなる「本州一の厳寒地」です。

テントを張っても寒さは凌げませんし、なによりラインが凍ってしまい、暖房をたかなければ釣りになりません。

今回はワカサギ釣りの暖房を、以前とはちょっと違う角度で取り上げてみたいと思います。

 

暖房の種類

 アウトドアで使用する暖房は色々あります。

 薪だったり、炭だったり、ガスだったり…

 それがワカサギ釣りに適した暖房となると、ほぼ2つに絞られます。

 ガソリンガスの2択。

www.happousyumi.com

 以前の記事でも暖房を紹介していますが、ちょっとおさらいしてみます。

ホワイトガソリン

 ホワイトガソリンのメリットは、他の燃料と比べ、気化する温度が一番低いことです。マイナス40度でも気化するため、国内の厳寒地ほぼ全てで使用することが可能です。

 ただしデメリットも存在します。

 まずはホワイトガソリンの値段が高いこと。ホワイトガソリンは、レギュラーガソリンの約4〜5倍程度の値段がします。

 さらにホワイトガソリンの暖房機器は、取扱いが難しいことです。

 他のガソリン機器もそうですが、液体であるガソリンに火をつけるには、霧状に吹き出してやる必要があります。そのため「ポンピング」で、燃料室を加圧してやる必要があります。

  

ガス

 ガスのメリットは取り扱いがとにかく楽なこと。

 五徳に缶をセットし、火を着けるだけ。ポンピングなどの作業は必要なく、初心者でもほぼ迷うことはありません。

 デメリットは気化する温度がホワイトガソリンほど低くないこと。

 缶に含まれているガスの種類と量によって、使用温度も変わりますが、ホワイトガソリンには及びません。

 低温化で使用するには工夫が必要になります。

 

ワカサギ釣りに適した暖房の考察

 ガソリンとガスの両方を使用している八幡の結論。

  • アウトドア初心者やワカサギ釣りのみで使用~ガス暖房
  • アウトドア好きでポンピング等お手の物~ガソリン暖房

 となります。

 

 八幡はワカサギ釣り以外のアウトドアで暖房を使うことは稀。

 というかほぼありません。

 キャンプはしないですし、車中泊が関の山。

 つまりアウトドア初心者です。

f:id:happousyumi:20200125233802j:plain

 そのような八幡が、ガソリン燃料で必要になる「ポンピング」や「プレヒート」などの作業をいちいち覚えるのは大変です。

 もちろんワカサギ釣りに行く前に、コールマンのスポーツスターⅡの着火を何度も予習しました。

 しかし所詮は付け焼刃。

 現地で少し調子が悪くなっただけで、何が原因か判らず困ったことが何度もありました。

 そんな時に限ってワカサギはやってくる!

 魚探の反応は良いのに、暖房が原因で釣りができない!

 これがなんと悔しいことか!!

 つまりガソリン燃料を使う暖房は慣れと経験が必要です。

 普段からガソリン暖房を使用しているキャンパーさんなら、なんら問題はないでしょう。

 しかし八幡のように、ワカサギ釣りでしか使用しない初心者であれば、ホワイトガソリンの暖房は取り扱いが面倒だ、というデメリットが先に立ちます。

 ましてやコスパを狙ってレギュラーガソリンを使用しようとすると、機器は高い上に前もって温めておく「プレヒート」が必要になります。

 ワカサギ釣りは、場所選びやテント設営、タックル準備で色々時間を消費するというのに、暖房でも時間を消費するなんて・・・

 ワカサギ釣る時間が無くなるやろ!!

 ってことです。

 つまり、ベテランキャンパーさんなどガソリン燃料の扱いに長けた方…「玄人ならガソリン暖房で決まり」ということになります。

 相対的に初心者ガスで決まり」というのが結論です。

f:id:happousyumi:20200125233832j:plain

 ガス暖房は小難しいことは一つもありません。

 初心者でも簡単に操作できます。

 初めて使った時は、あまりの簡単さに感動すら覚えましたよ。

 

低温化でのガス暖房の使用方法

 ガス燃料を使用する場合、1つ問題があります。

 「ガスが気化できず、火がつかない時はどうするの?」

 という問題です。

 そもそもワカサギ釣りは寒いところで行うもの。気温がガスの気化温度を下回ることも容易に想像できます。

 カセットボンベで用いるCB缶にしろ、アウトドアで用いるOD缶にしろ、ガス缶の使用温度は充填されているガスの種類で決まります。

 ガスの種類と気化温度を簡単にあげてみます。

  • 液化ブタン  ~約-0.5
  • 液化イソブタン~約-11
  • 液化プロパン ~約-42

 実用温度は気圧等の関係で、上記よりもっと高いです。

 事実、液化ブタンが主成分の夏用のノーマル缶では、気温が10度を下回ると、ガスの出が悪くなります。

 対策としては、イソブタンやプロパンが配合されている「寒冷地用」「オールシーズン用」の缶を使用してください。メーカーにより「パワーガス」などと呼ばれております。

 これだけでもだいぶ違います。

 それでも火がつかない場合は、缶をフトコロにいれて温めてあげてください。

 最初から防寒着とインナーの間に缶を入れておけば、暖房を使う際には問題なく火がつくでしょう。

 人肌以上の温度で温めるのは危険なのでやめてくださいね。

 また缶を直接雪の上に置かないことも重要です。

 直接置くと底から冷えてしまい、ガスの出が悪くなるからです。テーブルやマットの上で使用しましょう。

 たまーに「外気温で缶が冷えないように、カバーをした方が良いのでは?」と考える人もいますが、カバーは逆効果なのでやめましょう。

 暖房を焚いてガスを使用していくと、ガス缶は缶内の気圧が下がり、それに伴って缶の温度も下がります。

 カバーが無ければ、暖房で暖まった空気が缶を暖めてくれます。

 しかしカバーをしてしまうと、缶は暖まることができないばかりか、自らの冷気を閉じ込めてしまうこととなり、逆効果となってしまうのです。

 

まとめ

 ワカサギ釣りに適した暖房は?

  • アウトドア玄人ならガソリン暖房
  • アウトドア初心者ならガス暖房

 

 低温下でのガス暖房の使用方法

  • 寒冷地用の「パワーガス」を使用する
  • フトコロで缶を温めておく
  • 直接、雪の上に置かない
  • カバーをかけない

  以上になります。

 ホワイトガソリンの暖房機器を確実に使いこなせるなら、それに越したことはありません。

 しかし、初心者がワカサギ釣りのためだけに、ガソリン機器を揃えるのはおススメしません。お金もかかるし、管理も大変ですから。

 年数回の釣りのためならば、ガス暖房を上手に使いこなした方がいい、というのが八幡の個人的な結論です。

 もちろん、それぞれに良いところがあるので、ガソリン燃料も捨てがたいのは事実。

 自分に合った方を選んでください。

 どちらを買おうか迷っているときの悩みは、楽しいもんです。

 八幡でした。