八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

ワカサギ 八郎潟のワカサギ釣りポイントをまとめてみた

スポンサードリンク

毎年少しづつ暖かくなっていきますね。

温暖化直撃を実感しています。

どうも、八幡です。

 

年々、氷のはる期間が短くなってます。

残念極まりない。

それでも、毎年期待せずにはいられません。

いつ氷が張ってもいい様に、ホーム釣り場の八郎潟ポイントをまとめてみました。

ポイント一覧

f:id:happousyumi:20191226141004j:plain

画像出典: © OpenStreetMap contributors

 八郎潟の代表的なポイントはコチラ。

 地元の方しか知らないレアなポイントや、自己開拓されたポイントもあると思いますが、八幡には分かりません。

 ちなみに駐車できるポイントも書き込んでいますが、あくまで駐車できるポイントであって駐車場ではありません。(路駐を推奨もしていませんのであしからず)

 付近住人や他の通行車両などの邪魔になるような駐車は、絶対にしないでください。

 違法駐車はもってのほかなので、標識をちゃんと確認してくださいね。

 

本湖

 昔は日本で2番目に大きな湖だった八郎湖。

 その名残で南側に残った大きな部分を「本湖」や「残存湖」と呼ぶことがあります。

1、本湖(残存湖)

f:id:happousyumi:20191226141724j:plain

画像出典: ©OpenStreetMap contributors

 本湖は八郎潟が誇る最大のポイントです。

 1000匹越え…夢の4桁が狙える最良の場所と言われています。

 ここで釣りをしたことのある先輩は「上から穴をのぞくとワカサギが見える!」と言ってました。

 まじか!!

 しかし残念ながら、八幡自身はここで釣りをしたことはありません。

 それもこれも、近年なかなか乗れるだけ凍らないんですね。

 車はポンプ場前に駐車できるポイントがあります。

 ただし釣り場ポイントまでは、駐車場所から30分程度歩かねばならないようです。

 

2、昭和(クリーンセンター付近)

f:id:happousyumi:20191226143425j:plain

画像出典: © OpenStreetMap contributors

 八郎潟で最も南側にあるポイントです。

 近隣の秋田市からは、一番近いポイントになります。

 ここは大きな道路脇にあるわけではないので、アクセスが少し分かり難いかもしれません。

 ちかくにクリーンセンターがあるので、そちらを目印にすると分かりやすいと思います。

 本湖の一部なんですが、八幡が釣りをした時はあまり釣れませんでした。

 ・・・単に八幡の腕の問題です。

 

東部承水路

 「数の東部」といわれる東部承水路。

 小さくても数釣りが期待できます。

 本湖や西部が凍っていなくても、東部は凍っていることがあります。

3、一日市

f:id:happousyumi:20191226150153j:plain

画像出典: ©OpenStreetMap contributors

 八郎潟で一番有名なポイントだと思われます。

 大潟橋の北側が氷上釣りのポイントになります。

 特に湾外よりも湾内は凍りやすいです。湾内は八郎潟でも特に凍りやすい場所です。

 湾内は1m強、湾外は2~3mの深さしかありません。

 なるべく深めが良ポイント。

 近くには八郎潟釣具店や漁協の駐車場もあり、釣り以外の項目でも良好な場所です。

 ここは延べ竿でも釣りができます。

 車移動になりますが、駅前にはコンビニもあり、トイレを借りる事が出来ます。

 …何か買ってくださいね。

  

4、鹿渡

f:id:happousyumi:20191226151957j:plain

画像出典: © OpenStreetMap contributors

 八郎潟で毎年最初に凍るポイントになります。 

 ここが凍っていなければ、他も凍っていないと思っていいかも。

 東側からのエントリーが一般的。

 西側からも出来ますが、氷は西側の方が薄いので、安全面を考えて東からにしましょう。

 3~4mの水深がここの最深になります。

 東側の水路付近や西側の水門付近は、氷が薄いため気を付けましょう。

 こちらもインターチェンジ近くにコンビニがあります。

 少し遠いですが、歩いて行ける距離だと思います。

 

西部承水路

 「型の西部」といわれる西部承水路。

 大きなワカサギ…デカさぎの割合が多いのが西部の特徴です。

 東部に比べて凍りにくいのが弱点ですね。

5、野石(Y字路)

f:id:happousyumi:20191226154317j:plain

画像出典: © OpenStreetMap contributors

  通称Y字路とも言われます。

 大潟村の中心部にも近く、こちらも有名なポイント。

 西部の中では比較的凍りやすい。

 エントリーしやすい上、駐車もしやすいので人が集まりやすい場所です。

 Y字路より北側の方が、数が出やすいイメージがあります。

 こちらは近くに道の駅があり、トイレを気兼ねなく借りることができるでしょう。

 

6、五明光

f:id:happousyumi:20191226155436j:plain

画像出典: © OpenStreetMap contributors

  西部でも型も数も出やすい良ポイント。

 八郎潟のなかでは、なかなか深い6m以上の水深があります。

 本湖を知らない八幡ですから、最深とは言えませんが。

  駐車場所から釣り場にエントリーするには、主要道路を横切らなければならないので注意してください。

 

 まとめ

 冬になったら、いつでも、どこでも、どのポイントでも釣りができるといいんですけどね。

 氷が薄い時には、無理して上がらないようにしましょう。

 事故がおこったら、釣り禁止になっても不思議はありません。

 さらに、八郎潟には一日市以外に近くに餌を売っている場所がないので、必ず用意してから釣り場に向かいましょう。

 トイレ問題を考えると、女性には近くにコンビニや道の駅がある「一日市」「鹿渡」「野石」が適していると思われます。

 家族や仲間内に女性がいる方は気を使ってあげましょう。

 八幡でした。