八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

キス釣りって、どうやってあわせるんだ? キス釣り4つの改善点

スポンサードリンク

釣りには色々な釣りがあって、その釣りごとに色々な楽しみがあります。

大物を狙って、緊迫感があるファイトと手ごたえを楽しむ釣りもあれば、小さいけれど数を狙って楽しむ釣りもあります。

どちらも楽しいですよ。

どうも、八幡です。

f:id:happousyumi:20190708213817j:plain

今まで年に1~2回はキス釣りに行ってました。

一応投げ竿も用意してありますし、ルアー竿でちょい投げして釣ることもあります。

キス釣りは、数を狙う釣りであるのは間違いありません。

八幡はキス釣りの釣行回数も少ないため、数はたいして気にしていません。

でも、楽しむ分くらいには釣りたい。

 

本日の釣行 

 たまたま昼から夕方まで予定が空いたので何か釣りたい。

 でも休日の港に行ってもマナーの悪い輩がわんさかいるし、磯場に行く時間もない。

 ならば、近場のサーフでキス釣りにでも行こう。

 というわけで、約一年ぶりのキス釣りに行ってきました。

 

f:id:happousyumi:20190708214104j:plain

 現場につくと天気も良く、波も穏やか。

 数日前まで悪天候を引きずっての濁りもない。

 キス釣りには持って来いの条件です。

 今回はガッツリ釣るつもりもないので、チョイ投げで…。

 シーバスロッドに8号の天秤をつけて釣り開始です。

 

 一投目からアタリがあります。

「ブルブルッ」としたアタリが伝わってきます。

 一年ぶりの感覚。

 いいぞ!

 この感覚が引いてくる間、ずっと楽しめるのがキス釣りの良いところ。

 2匹、3匹と連掛けできれば、引きも重くなってさらに面白い。

 しかし…アタリはブルっと振るえたきり続きません。

 のらなかったか~。

 そう思いながら巻いてくると、小さいのが1匹。

 ちっさ!

 思わずリリースしようかと思うほど小さい。

f:id:happousyumi:20190708213252j:plain

 2投目...同じようなアタリの後、同じような小さいキスが…。

 ここはこんな感じのサイズしかいないのかな?

 そう思いながら続けます。

 

 3投目…アタリはあるけどのらない。

 4投目…のらない。

 5投目…

 6投目

 ・・・

 のらねぇ!!

 釣り始めから2時間。

 1匹だけ追加して、計3匹。 

 

 サイズが大きい小さいじゃない。

 そもそも釣れない!

 アタリはあるが、のらない!針がかりしない!

 どうしてだろう?

 あれ、キスってどうやってあわせるんだ?

 確かキスの場合は向こうあわせなハズ。

 つまり特にあわせなくても、かかってくれるじゃないの?

 今までは特にあわせなくても、のっていたから気にもしていませんでした。

 確か、キス釣りのコツは「一定のスピード」だったハズ。

 リールの巻きが一定になるよう、注意して引いてきます。

 何度か試していると…

 やっと、のった!

 しかも、ダブル!!

 

f:id:happousyumi:20190708213356j:plain

 しかしあとが続きませんでした。

 この日は最後まで苦戦。

 結果は4時間12匹。

 近いうちにリベンジせねばなるまい。

 

改善点

 「アタリはあるけど、のらない」に苦しめられた今回。

 チョイ投げとは言え、真剣に改善点を考えてみました。 

  1. 一定のスピードで巻く

  2. 最適スピードを探す

  3. エサの垂らしを短くする

  4. 針のサイズを下げる

とりあえずこのくらい。

 

1、一定のスピードで巻く

 キス釣りの基本にして極意。

 あたりがあろうが無かろうが、一定のスピードで引いてくる事が大事らしいです。

 上級者になると、駆け上りで遅くしたり、待ったりするらしいですが、初心者八幡には無理。

 まずはあたりにビビらず一定のスピード!

 

2、最適スピードを探す

 キスが食いつきやすいスピード。

 遅すぎず、速すぎず。

 何かで読んだときは1秒15〜30cm位と書いていたような…

 キスの活性によって、その日の最適スピードが変わります。

 色々試して、あたりを捕まえるスピードを探りましょう。

 

3、エサの垂らしを短くする

 エサはアオイソメを使用していますが、一匹まるまるつけるわけではありません。

 八幡は基本、三分割してつけています。すると、針から余った部分が、3cmほど垂れてることになります。

 よく言われるのが、あたりがあっても針がかりしないときは、垂らしを短く。

 あたりが少なく活性が低いときは、エサのたらしを長くして動きをアピール。

 今回はまさに「あたりがあっても、針がかりしない」だったわけですから、エサのたらしを短くしなければいけなかったわけです。

 

4、針のサイズを下げる

 針が大きすぎると、針がかりしないのはワカサギで経験済み。

 今回のキスは特に小型なので、針のサイズは小さいものがベスト。

 一般的には7号サイズから上のサイズが豊富に揃えられています。

 もっと小さいサイズもあるらしいので、何とか手に入れたい。

 

f:id:happousyumi:20190708213547j:plain

 次回の釣行は以上4点を改善して、リベンジです!

 少なくともこの3倍は釣りたい…

 できるかな?(;^ω^)

 八幡でした。