八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

おすすめロッドスタンド9選 釣法やフィールドに適したものを選ぼう

スポンサードリンク

釣りをはじめたばかりだと、竿やリールにばかり目が行きやすいですよね。

そのため他のものにはあまり気を配りません。

と言うか、気を配る必要性が分からないんですよね〜。

どうも、八幡です。

 

少なくとも八幡はそうでした。

気を配るようになるのは、自分にとって高い竿やリールを使い始めてから。

いくつか道具を駄目にしてから、必要性に気付くんです。

それまでは使用後の手入れすらサボっていました。

今思うと、あの頃の自分は何と愚かだったのかと思います。

叱り飛ばしてやりたい!(; ・`д・´)

そんな中で、最初はあまり重要視しないものの一つに「ロッドスタンド」があります。

名前のごとく、竿を立てて置くための道具。

これが何気に重要!

ある程度痛い経験してくると、分かるようになります。

今回は、それぞれの釣りに適したロッドスタンドを紹介したいと思います。

大事な愛竿を守るため、快適な釣りをするためにロッドスタンドを準備しましょう。

 

ロッドスタンドは絶対に準備すべき!

 ロッドスタンドが必要な理由は2つ。

  • 大事な愛竿を守るため。 

  • 釣りを快適に行うため。

 この2つです。

 釣りを始めた頃にやりがちなのが、地面に直接竿を置くこと。

 地面に置いてしまうと、竿にもリールにも傷がついてしまいます。

 竿の傷は大物がかかった時に、折れてしまう原因になるので甘く見てはいけません。

 リールのスプールに傷がつくと、ラインの断線に繋がります。

 そして何より、地面に置かれた竿は踏んづけられます。最悪折れます

 自分は注意していても、人に踏んづけられる可能性もあります。

 

 またロッドホルダーは、竿を使いやすい位置に置いておく役割もあります。

 立ちっぱなしで行う釣りなら腰の高さに、座って行う釣りならイスと同じ高さに…

竿が手元にくるよう保持してくれます。

 いちいち拾いなおす必要がなくなり、快適な釣りに繋がります。

 ものによっては餌をセットすることもでき、より利便性が高まります。

 

釣法別ロッドスタンド

サビキ釣り・夜釣り・投げ釣り

 港でのサビキ釣りにひとつ持っておくと困らないのがこちら。

 竿の立て掛けができる他、トップのアタッチメントで餌付けも可能になります。

 他の釣りでも利用でき値段も安いので、コスパがいい

 特に竿を何本も出す夜釣りでは、必須の一品。

 デメリットは、安定させるためにバケツを吊下げる必要があること。

 製品自体も大きく持ち運びには不便を感じます。

 大きさに関してはミニサイズも売られています。

プロマリン アルミ三脚ワンタッチ 3段 ブルー / 三脚 竿立て 投げ釣り入門

 サイズが小さい分、安定性は低下していますが、携帯性を優先させる方にピッタリ。

 

 

投げ釣り・ぶっこみ釣り