八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

おすすめロッドスタンド9選 釣法やフィールドに適したものを選ぼう

スポンサードリンク

釣りをはじめたばかりだと、竿やリールにばかり目が行きやすいですよね。

そのため他のものにはあまり気を配りません。

と言うか、気を配る必要性が分からないんですよね〜。

どうも、八幡です。

 

少なくとも八幡はそうでした。

気を配るようになるのは、自分にとって高い竿やリールを使い始めてから。

いくつか道具を駄目にしてから、必要性に気付くんです。

それまでは使用後の手入れすらサボっていました。

今思うと、あの頃の自分は何と愚かだったのかと思います。

叱り飛ばしてやりたい!(; ・`д・´)

そんな中で、最初はあまり重要視しないものの一つに「ロッドスタンド」があります。

名前のごとく、竿を立てて置くための道具。

これが何気に重要!

ある程度痛い経験してくると、分かるようになります。

今回は、それぞれの釣りに適したロッドスタンドを紹介したいと思います。

大事な愛竿を守るため、快適な釣りをするためにロッドスタンドを準備しましょう。

 

ロッドスタンドは絶対に準備すべき!

 ロッドスタンドが必要な理由は2つ。

  • 大事な愛竿を守るため。 

  • 釣りを快適に行うため。

 この2つです。

 釣りを始めた頃にやりがちなのが、地面に直接竿を置くこと。

 地面に置いてしまうと、竿にもリールにも傷がついてしまいます。

 竿の傷は大物がかかった時に、折れてしまう原因になるので甘く見てはいけません。

 リールのスプールに傷がつくと、ラインの断線に繋がります。

 そして何より、地面に置かれた竿は踏んづけられます。最悪折れます

 自分は注意していても、人に踏んづけられる可能性もあります。

 

 またロッドホルダーは、竿を使いやすい位置に置いておく役割もあります。

 立ちっぱなしで行う釣りなら腰の高さに、座って行う釣りならイスと同じ高さに…

竿が手元にくるよう保持してくれます。

 いちいち拾いなおす必要がなくなり、快適な釣りに繋がります。

 ものによっては餌をセットすることもでき、より利便性が高まります。

 

釣法別ロッドスタンド

サビキ釣り・夜釣り・投げ釣り

 港でのサビキ釣りにひとつ持っておくと困らないのがこちら。

 竿の立て掛けができる他、トップのアタッチメントで餌付けも可能になります。

 他の釣りでも利用でき値段も安いので、コスパがいい

 特に竿を何本も出す夜釣りでは、必須の一品。

 デメリットは、安定させるためにバケツを吊下げる必要があること。

 製品自体も大きく持ち運びには不便を感じます。

 大きさに関してはミニサイズも売られています。

プロマリン アルミ三脚ワンタッチ 3段 ブルー / 三脚 竿立て 投げ釣り入門

 サイズが小さい分、安定性は低下していますが、携帯性を優先させる方にピッタリ。

 

 他にも港の車止めにセットするための竿受けもあります。

 港でしか釣りをしないなら、買って損はない…というか買うべき。
 サビキのお父さんたちの半分以上は使用しています。
 それだけ便利。

 

投げ釣り・ぶっこみ釣り

 投げやぶっこみで待ちの釣りをするなら、竿の数を出しますよね。
 そんな時、数を支える事が出来る竿立ては心強い。三脚と違い、バケツが必要ないところも嬉しい。
 サンドポールは砂浜や湖沼などで使います。
 棒状なので持ち運びしやすく、キス釣りなど砂浜で移動の多い釣りの竿立てに向いています。
 値段も安いので年1〜2回の使用でも、持っておいて損はありません。
 ステンレス製のほうが後悔しませんよ。
 

磯場 フカセ

 磯場で釣りをするなら、第一候補に上がるのは「ロックピトン」。

 ハンマーで岩に打ちつけて、固定します。なので丈夫が1番。しっかりした作りのものを選びましょう。
 

 ハンマーがなくても竿受けを設置出来るのがこちら。

 「バッカン受三郎」です。
 名前のとおりバッカンに固定しますので、ハンマーが必要ありません。
 竿受けの下につけ餌の固定もできて、いちいち屈む必要がなくなります。
 竿、つけ餌、撒き餌が一箇所に集められているため、効率よい釣りが楽しめます。
 しかし、バッカンに撒き餌がたくさん入っていれば安定していますが、少なくなって来ると不安定に。
 下手をすると転倒し竿の破損につながるので、早めに水バケツを入れて安定させてあげましょう。
 
 

紀州釣り

 座って釣りをする紀州釣りにはこちら。
クーラー受三郎 小継三段式」です。
 クーラーに固定するため、非常に安定しています。
 小継三段式にすると、クーラーやバッカン内に納まるため、通常品より携帯性が良くなります。
 荷物の多い紀州釣りには携帯性の良さもひとつのポイント。
 通常品とまよったら、小継三段式を選びましょう。

ルアーフィッシュ 

 ルアーフィッシングをする時に便利なのがこちら。
 ルアーフィッシングは投げては移動、投げては移動の繰り返し。いわゆるランガンスタイルです。竿立てをいちいち持って歩いてられません。
 しかし、ラインを結び直すとき、ルアーの交換時など、竿を置きたい場面も出てくるはず。
 そんな時に便利なロッドホルダーです。商品はロッドホルスターとなっており、身に着けて使用します。
 専用ベルトで両手を離すことも可能となり、利便性が高まります。
 ライン作成時に苦労している方は検討してみてください。
 

ミニボート

 ミニボートやゴムボート上は狭いため、竿を準備するのも難儀です。
 なので、最初から準備した竿をホルダーに立てて出航します。
 揺れるボートで、ホルダーがないとどんな惨状になるか、容易に想像できます。
 ホルダーがなくて困る事はあっても、なくて良かったとなる事はまず無いでしょう。
 事前準備は大切です!
 

まとめ

 釣りには釣法によって適した竿があるように、竿を支えるロッドスタンドにも適したものがあります。
 それぞれの特徴をとらえ、愛竿を守り、便利に快適に釣りを楽しみましょう。
 八幡でした。