八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

ワカサギ 魚群探知機の電池代対策にエネループを使おう

スポンサードリンク

釣りを続けていくと、初期費用の他に、ランニングコストがかかります。

これが何気に高いんですよね。

どうも、八幡です。

 

餌代だったり、針やラインの消耗品だったり、釣り場までのガソリン代だったりします。

そんな中、ワカサギ釣りで、何気にかかるコストといえば、電池代だったりします。

意外な感じがするかも知れませんが、本当の話。

今回は電池代のコスト削減の話です。

 

ワカサギ釣りでかかる電池代

 ワカサギ釣りって、けっこう電池代がかかる…意外ですがマジです。

 八幡が実際に使用している、電池を使う物を列挙していきます。

  • 電動リール×2
  • 魚群探知機
  • ランタン&ライト
  • CO警報器

 探せば他にもあるかもしれませんが、とりあえずはこんなとこ。

 金額に直しましょう。

 アルカリ電池4本300円(単3、単4の区別なし)として、単純計算していくと…

・電動リール~

 単4電池2本×2台=計4本=300円

・魚群探知機~

 単3電池×8本=600円

・ランタン&ライト~

 単3電池2本+単4電池2本=計4本=300円

・CO警報器~

 単3電池×3本=225円

 合計1425円となります。

 もちろん一度で電池を使い切るわけではないし、ライトやCO警報器は毎回使うわけでもありません。

 かといって、快適に釣りをするためには、電池切れのリスクは最小限にとどめたい。

 そうなると予備電池を持たざるを得ません。

 特にリールと魚探の電池消費は激しいですし、寒ければ寒いだけ電池の消費はさらに悪くなりますしね。

 色々考えていくと、合計金額の3分の1程度の金額400~500円くらいは、一度の釣行でかかっているのではないでしょうか。

 

コスト削減対策

対策①~百均電池

 電池のコスト対策として、まず思いつくのが百均電池。

 110円でアルカリ電池4~6本が手に入ります。

 百均品質なので持ちは悪いと思いますが、一度の釣行には持つでしょう。

 常時使用するリールと魚探の事を考えると、1釣行で200~300円といったところでしょうか。

 

対策②~充電式電池

 次に思いつくのが電池を充電式にしてしまうこと。

 家での充電代はかかりますが、電池の購入代金に比べれば微々たるもの。

 Panasonicさんのエネループを例にとると、4本充電でも約1円というから驚きです。

 さらに言えば、電池代は小遣いから出さねばなりませんが、充電で使う電気代は家計から出ますから、八幡個人のフトコロは痛みません。

 釣行のたびに充電していますから、1釣行で約3円の計算となります。

 

エネループを選択した理由

 結局長い目で見ると、コスト的には充電式が一番だと落ち着きました。

 しかもどうやらエネループがいいらしい。

  • 充電コストが安い(4本で約1円)
  • -20℃の環境下でも性能を発揮できる
  • 繰り返し充電が2100回(新しい基準では600回)
  • 充電しておけば1年後でも即使用可能

 納得の理由です。

 コストが安くても、ワカサギ釣りで使えないのであれば意味がないですからね。

 充電式の電池は他にもありますが、エネループにしておけば間違いはないでしょう。

 

エネループ購入時の組み合わせ

 よく使う電動リール2台(単4×4本)と魚群探知機(単3×8本)はエネループにしよう!

 しかし、いざ購入しようとなった場合、通販サイトを覗くと判るのですが、いろんな組み合わせがあります。

 おススメの組み合わせは2通りです。

 

①安さ優先

・単4電池4本+兼用充電器(1度に4本まで)

・単3電池8本

まとめ

 ランニングコストを以下に削るかで、もう一度釣りに行けるかどうかが、決まる時もあります。

 そう考えると電池代もバカになりません。

 確かにエネループを導入しようとすると、初期費用は5000円以上かかります。

 しかし一度の釣行で300円。年5回釣行として計算すると、最速で4年で元が取れます。

 しかも、エネループは色々な場面で使用できるでしょう。

 魚群探知機をお持ちの方。

 釣行のランニングコストを抑えたい方。

 一度、エネループの導入を検討してみては如何でしょうか。

 八幡でした。