八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

鉱石採集 糸魚川ヒスイツアー2回目前半~ヒスイ拾いは運とコツ

スポンサードリンク

去年のヒスイ拾いはハッキリ言って「苦行」の一言でした。

連れて行ってくれた先輩!スイマセン。

でも、旅行自体は楽しかったですよ!

ありがとうございます!

どうも、八幡です。

 

ヒスイ拾いが苦行だった理由は、ヒスイの見極めが出来なかったから。

探しようがないですもんね。

探しようがないものを、あの海岸線から「あるかもしれないから探せ」と言われたら、そりゃ苦行です。

「あるから探せ」ならまだしも…

自分が好きです探しに行ってるんで、文句は言えません。

が、それだけキツイよって事です。

それだけキツくても、1年過ぎると不思議なもので、また行きたくなるのです。

そして言うのです。

「先輩。今年も糸魚川へ行きましょう!!」

 

 

ヒスイ拾い2回目

 初めて経験した去年のヒスイ拾いの収穫は計4個。

f:id:happousyumi:20190902141010j:plain

 しかし、去年の旅行はそのヒスイ以上に得たものがありました。

 旅行の思い出と、苦行の末にヒスイを手に入れた経験です。

 最終日、ラスト1時間でヒスイがどの様なものかがわかるようになりました。

 少なくとも、自分の中でこういうのを探せっていう、定義みたいな物が出来上がりました。

 この定義を活かせれば、先輩の半分位は取れるようになるのではなかろうか?

 

ヒスイ拾い1日目

 去年と全く同じ日程で、今年のヒスイ採集ツアーが開幕です。

 2泊3日の車旅。

 違うのは八幡が楽しみで、前日あまり寝られなかったところ。

 まさに遠足前の小学生状態・・・

 運転する先輩に謝りながら、8時間半ほどの道のりの中、二度仮眠をとらせていただきました。

 マジ、ありがとうございます。

 

「八幡。まずどこで拾う?」

 何も分からなかった去年は、先輩に全てお任せでした。

 今年もかなり頼りきりでしたが、一つ違ったのは「八幡。次はどこで拾う?」と、聞いてくれるようになった事。

 認められているようで、ちょっと嬉しい。

 こう言う気持ちにさせてくれる先輩はすごいなぁ。

 本当に見習わなければ…

「まずは須沢海岸に行きましょう!」

 一年ぶりの糸魚川ヒスイ採取は、八幡の根拠のない感から始まりました。

 

 ヒスイ海岸前にあるコンビニで昼食を調達して、須沢海岸に乗り込んだのが12時半過ぎ。

 駐車場で準備をしていると、すぐ近くに地元ナンバーの古めの軽自動車が止まりました。

「どうだ。ヒスイはとれたか?」

 と、話しかけてきたのは70代くらいのお爺さん。

「これからです」

 と返事すると、ポケットからおもむろにヒスイを取り出してきました。

 あれ?このヒスイ、この人・・・

 一年前の記憶がよみがえってきます。

 去年駐車場で鑑定してもらう石を選んでいた時、いきなり話しかけてきた爺さんだ。

 確か手の平くらいのヒスイを見せながら、自慢話をしてきたお爺さんです。

 自慢が終わったら、別の観光客を捕まえて同じ自慢話を繰り返していた方。

 雑談のなかで2つ3つ有益な話も聞けたので「まあいいか」と思っていましたが…

 「あの爺さんだ!」

 心の中で叫びます。

 どうやら先輩も気が付いたみたいです。

 準備をしながら適当に相槌を打ちます。

 去年はまともに相手をして、だいぶ時間を消費しましたが、今回はそこそこで済みました。(ちなみに去年以上の情報はありませんでした。)

 「早く採取に行きたいんじゃー!!」

 という、無言のプレッシャーを感じ取ってくれたみたいですね。

 

 あまりにもタイミングが良かったので、毎日駐車場を行き来しているのでしょうね。

 観光客相手の自慢話が、ライフワークと化しているのでしょう。

 まあ、そのライフワークのおかげで、健康ならそれもありか…

 多分、地元じゃ有名人なのでは?

 須沢海岸の駐車場を利用なさる方は、このことを考慮に入れておいた方が良いかも。

 初めて話を聞くなら、有益な情報も含まれていると思います。

f:id:happousyumi:20190902140239j:plain

 5分程度、採取時間が遅れましたが、第2回目のヒスイ拾い開始です!!

 昼もまわっているので多くの人が海岸にいらっしゃいます。

 家族連れ、釣り師、観光客…ヒスイハンター。

 ざっと見渡したところ、本格的なヒスイハンターは5,6人くらい。

 早速、先輩と八幡も参戦です。

 去年と同じく、八幡が先行し先輩が距離をおいて追いかけるスタイル。

 あまり、八幡が遅くなると先輩にも迷惑をかけるので、最初はずんずん進みます。

 駐車場から姫川方向へ、1/3くらい来てからスピードを緩め、本格的に捜索開始。

 今回は既に自分の中に「ヒスイ像」があります。

 あまり迷わずにこれ違う、これも違う!

 とっては捨て、拾っては捨てを繰り返します。

 すると先端まであと30メートルくらいのところで、年配ハンターに追い抜かれました。いかにもベテランって感じのハンターです。

 八幡の捜索スピードは遅いのだろうか?

 …そりゃ遅いんでしょうね。

 二度目のペーペーですから。

 渓流釣りなら先行者を追い越すなんて、とんでもないマナー違反ですが、ヒスイハントは自由なんでしょうね。

 捜索スピードもそれぞれでしょうから。

 「まあ、ベテランにも打ち漏らしはあるさ」

 と、焦る内心を押さえつけながら、自分のペースで進みます。

 後ろを見ると先輩もだいぶ近づいてきています。

 先端に辺りで一緒になるかなぁって位なペース。

 というか、そうなるように先輩がペースを調節しているのでしょう。

 

 そして八幡が先端に来た時、追い越していった年配ハンターが最先端で捜索中でした。

 その3メートルくらい手前の波打ち際…

 波に揺られた角ばった手の平くらいの石(゚д゚)!

 ・・・ひすいやん!!

 もう一度波が来たらヤバイ!

 ハンターに見つかってもヤバイ!!

 波が来ないうちにダッシューーー

 ゲットーーーー!!

f:id:happousyumi:20190902140504j:plain

 でかい!

 去年の3倍はありそう!

 (。´・ω・)ん?

 去年の3倍・・・

 ・・・でかいは言い過ぎか。

  でも、綺麗だし、緑は入ってるし、質が良さそう!!

 文句なし!

 

 年配ハンターに採られなくて、波に持っていかれなくて良かったーー( ^ω^ )

 すぐ、後ろまで来ていた先輩にも見てもらいます。

「おお~、これはいいな!色味もいいし、まさにザ・ヒスイって感じだな!!」

「ありがどうございます。先輩が先を譲ってくれたおかげです!先輩が先なら先輩のものでした。なんか、悪い気がします」

「違うぞ、八幡。波打ち際のヒスイはそれこそ一期一会。波の一打ちで変わってしまうんだから、それは八幡の運と眼力だ!」

 なんてできた先輩や~~~!!

 こんなカッコいいことを言える先輩に八幡もなりたいっす。

 

 もしかしたら八幡は開始1時間で、早くもこの採取ツアーの最大の山場を迎えてしまったかもしれません。

 駐車場まで二人で捜索しながら戻り、そこで一度別れました。

 先輩はフォッサマグナミュージアムへ鑑定へ、八幡は残って継続捜索へ。

 先ほどのヒスイ以外、八幡は鑑定が必要な「らしいもの」は見つけられていませんでした。

 先輩を見送り、捜索継続。

 幸先いいし、今回の旅行はどれだけとれるだろうか?

 ウキウキしながら、反対側へ。

 しかし…行けども行けども石石石…

 あれ?

 見つからねぇ。

 見つからなーい。

 それらしきものすら、八幡の目には映ってきません。

 運を使い果たしたかしら"(-""-)"

 

 そうこうしている間に先輩も戻ってきました。

「残念ながら、俺の方にヒスイはなかったよ~。」

 残念。ヒスイの神様、先輩にこそヒスイを!

 八幡なんて糸魚川に来る間、ただ横で寝てただけなんです!!

 なんて思っていると先輩が…

「もう少しやりたいところだけど、今日は宿に向かおう」

 突然の終了宣言。

 いつの間にやら16時半を回っていました。

 

 宿について一息。

 風呂にはいって、スッキリ。

 駅前でご飯を食べて満腹。

 飲み物とつまみを買い込み、宿に戻って乾杯。

 乾杯すると、今日の収穫と明日の予定について話します。

 その中で八幡から先輩にちょっとプレゼント。

f:id:happousyumi:20190821231446j:plain

 去年のヒスイツアーではものすごく世話になったので、用意してました。

 金品でないから、受け取ってもらえる時ってあるよね。

 こんな時、レザークラフト初めて良かったと思います。

 そこそこ喜んでもらえた?ようです。

 次はもっと手の込んだものを作れるようになっていたいなぁ。

 

 以外にも一日目の収穫は八幡の一個だけでした。

 一日中探してられる本番の明日は、二人とも納得できるヒスイをゲットしたい。

 そんな思いもあってか、明日の天気日の出時刻潮の干潮満潮を調べます。

 天気は出来れば晴れてほしい。

 日の出時刻は、捜索時間を少しでも長く。そして他のハンターより早く。

 潮の干潮満潮は、やはり潮が引いている時間の方が、1mでも沖まで探せますからね。

 作戦会議の結果、明日は朝5時から、歩いて行けるヒスイ海岸で早朝の部を行うことになりました。

「須沢海岸でいいのでは?」

 と、進言したところ「今飲んでるでしょ。」とのこと。

 あ、そうでした。

 万が一にでも、アルコールが残っていたら目も当てられません。

 そんなこともあり、飲みも早めに切り上げ、21時前だというのに床にはいりました。

 横になると分かります。

 メッサ疲れとる・・・

 すぐに眠れそう。

 明日は二人で採れるといいなぁ…

 (-_-)zzzZZZ

 

 一日目終了…ZZZ

 八幡でした。