八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

レザークラフト 初心者がロングウォレットを自作してみた(前編)

スポンサードリンク

ロングウォレットと言っても、作ってみたいのは、いわゆるバイカーズウォレットです。

バイク乗りさんたちが愛用している、ゴツい財布。

ライダーズウォレットとも言うらしいですね。

どうも、八幡です。

 

しかし八幡はバイクにのりません。免許もありません。(^_^.)

でも、あのゴツい財布がカッコいいんですよ。

こんな感じの。

かっこいいでしょ!?

 

前々から、作ろう作ろうと思っていて、踏ん切りのつかなかった財布。

初心者には、難易度高そうと思って敬遠していました。

でも、挑戦しないと上達もしないし、先日作ったコンチョを着けたい欲望もあり、作成を決意しました。

www.happousyumi.com

さて、これまで作ってきた経験を活かして、完成まで辿りつけるだろうか?

必要品

ヌメ革2~3mm、0.8~1mm

 一番外側に来る本体の革は厚めに、それ以外のパーツには薄めの物を使うのが良いかと。

 本体は2〜3ミリそれ以外のパーツは0.8〜1ミリ位が丁度良いかと思います。

 太ければ太いだけ、ゴツいウォレットになるので、そこは好みでお選びください。

 

コンチョ

 コンチョをつけないなら、バイカーズウォレットにする必要などないのではないか!

 というだけ、重要なパーツではないかと思います。

 だって、バイカーズウォレットを持つのはカッコいいからです。

 そのカッコよさを際立たせるのはコンチョですから。

 コンチョはピンからキリまでありますが、懐が許す限り、気に入ったものを購入する事をオススメします。

 だってカッコいいから!

 

作成課程一覧

  1. イメージ図&型紙作成
  2. ケガキ
  3. 床面処理
  4. 切出し
  5. パーツ1と2の貼付け
  6. コバ処理①
  7. 部品Aの作成
  8. 部品Bの作成
  9. ジャンパーホック取付
  10. 本体と部品A.Bの縫い合わせ
  11. コバ処理②
  12. キボシ&コンチョ取付

 

作成課程

1,イメージ図&型紙作成

 今回は久々にパーツが多い事もあり、イメージ図展開図も書いていきます。

 番号管理しながら出ないと、わけわかんなくなっちゃいます。

 イメージ図に若干変更を加えながら出来た型紙がコチラ。

f:id:happousyumi:20191217155331j:plain

 以前から、型紙はCADで作成してみたいとは思っています。

 しかし、CADの勉強も必要なので、そこまでいかないのが現状です(-_-;)

 残念ながら、しばらくは手書き型紙ですね。

 

 パーツは大まかに本体(パーツ1.2)と、カード入れの部品A(パーツ3〜7)札&小銭入れの部品B(パーツ8〜13)からなります。

f:id:happousyumi:20191217155933j:plain

 カード入れになる部品Aのパーツ3~7。

 

f:id:happousyumi:20191217155931j:plain

 こっちは札&小銭入れになる部品B。

 パーツ8~13。

 写真に対して数字が多いのは、結局小銭入れのマチ部分を切り離したからです。

 作成していく最中で、型紙段階では気づかなかった不具合が、他にも出てくるんだろうなぁ。

 

5.パーツ1と2の貼付け

 本体となるパーツ1、パーツ2をゴムのりで貼り付けます。

 ちなみに外側になるパーツ1は2ミリ厚、内側のパーツ2は1ミリ厚のヌメ革を使用しました。

f:id:happousyumi:20191217160541j:plain

 ノリを塗る前に床面をカッターの背で荒しておきます。こうする事で接着度アップします。中にはヤスリで荒らす人もいます。

 しかし、八幡は忘れていて、荒らすどころかパーツ1を間違って、床面処理しちゃいました。

 なめからにしてどうすんだ!

 

f:id:happousyumi:20191217160634j:plain

 ゴムのりはパーツの真ん中部分を抜かして、塗布していきます。

 二つ折りにする財布は、全面貼り付けてしまうと、シワが寄ったり、そもそも曲げられなくなったりするのだとか。

 両パーツにゴムのりを塗布し、適度に乾いたところで貼り合わせます。

 

f:id:happousyumi:20191217160722j:plain

 ずれても、やり直しがきくところが、ゴムノリのいい所♪

 貼り合わせたら、あて布…ならぬあて紙の上からローラーを転がして、密着させていきます。

 今回のあて紙は失敗した型紙です。

 大きさも厚さも丁度いい。

 しかし…パーツ1もパーツ2も同じ型紙の表と裏なのに、なんでこんなにズレるんだろう?

 仕方ないので、ズレた所はカッターで除去しました。

 よく考えると除去するのは、全てのパーツを縫い合わせてからでもよかったかな。

 

7、部品Aの作成

 部品Aはカード入れとなる部分。

 全部で五枚のパーツが重なるため、コバが厚くなってしまいます。

f:id:happousyumi:20191217161534j:plain

 そのため脇をずらし、重なりを最小限にます。

 また、革の端に菱目を打つ際は、端を切ってしまわない様に気をつけましょう。

f:id:happousyumi:20191217161827j:plain

 パーツをピッタリ合わせたら、真ん中に菱目を打ち塗っていきます。

 力がかかる所なのでパーツのはじめの穴は2重縫いします。

 他も必要に応じて、2重縫いしています。

 

 真ん中を塗ったら、次はカードが入る部分の下を縫います

f:id:happousyumi:20191217162153j:plain

  サイレント菱目打ちは、このような時に役立ちますね。

 不必要なところに穴を空けないよう、確かめてから菱目を空けてくださいね。

f:id:happousyumi:20191217162859j:plain

 床面から見るとこんな感じ。

 今回の設計では床面側にもカードが入ることになります。

 縫い目にカードが引っかかるといけないので、糸を革になじませます。

f:id:happousyumi:20191217163254j:plain

 スリッカーで縫い目を上からなぞると、糸の引っ掛かりがなくなるので試してみてください。

 人によっては縫い目を木槌でたたく人もいます。

  とりあえずこれで部品Aは完成。

f:id:happousyumi:20191217163651j:plain

 

  まだ途中ですが、作成に時間がかかるため今回はここまでです。

 残念。

 ここまで作成してみてわかるのは、パーツ数が多いとイメージ図や展開図では分からない、想定外の不具合が出てくることですね。

 イメージでは想像しにくい表と裏…銀面と床面。

 型紙で確かめにくい革の厚さによる不具合。

 特にこの2点に気を付けて、作成してください。

 じゃないと、お安くない革が無駄になってしまいますから。

 

 次回は部品8を作成して、最後までたどり着きたいと思います・・・

 以外と時間かかってるし、たどり着けるかな?

 頑張ります。

 八幡でした。