八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

レザークラフト 初心者がブックカバーを自作してみた

スポンサードリンク

レザークラフトでけっこう色々作ってきました。

スマホケースだったり、ペンケースだったり、スマホケースだったり…

スマホケース多いな。

どうも、八幡です。

 

色々作ったとはいえ、小物の域から出てない(;^ω^)

そして今回も小物のブックカバーの作成です。

八幡はブックカバーを使用する習慣はないのですが、嫁の四葉さんから頼まれました。

ブックカバーは始めたころに、一度だけ作ったことがあります。

その時は文庫版の大きさでした。

今回は新書版。

型紙から作り直して、一から作成です。

必需品

大型の切り革

作成過程一覧

  1. 型紙作成
  2. ケガキ
  3. 床面処理
  4. 切り出し
  5. パーツ作成
  6. コバ処理①
  7. レザーバーニング
  8. 菱目打ち
  9. 縫い付け
  10. コバ処理②

作成過程

 1、型紙作成

f:id:happousyumi:20191103093732j:plain

 以前作成したブックカバーより大きくなっています。

 パーツは全部で5つ。

 シオリや本を閉じれるようにパーツを増やしています。

 ちなみに赤線はコバ処理①でコバ処理するところ。

 革は1.5mm厚を使用します。

 

5、パーツ作成

f:id:happousyumi:20191103095353j:plain

 パーツ2は内表紙となります。

 パーツ2の一部に切れ込みを入れて、シオリとして使用できるようにします。

 自由度が上がるように、切れ込みの根元は穴あけパンチで処理。

f:id:happousyumi:20191103100056j:plain

 切れ込みの根元が避けるのも防げるかな。

 他のパーツ4とパーツ5は本体に縫い付け、開閉ベルトとして使います。

 

8、菱目打ち

 パーツが重なると、自作の菱目打ち機で菱目を打てないところも出てきます。

 そんな時はこの間から菱ギリで穴を空けています。

 重なったパーツを、ズレないよう菱目打ちするのにとても便利。

f:id:happousyumi:20191103101340j:plain

 他にも菱目の間隔を調整するときも役立ちます。

 型紙の上から、まとめて打つことだってできちゃいます。

f:id:happousyumi:20191103104140j:plain

 

10、 コバ処理②

f:id:happousyumi:20191103104552j:plain

 まずは水とトコノールで通常のコバ処理。

 そしてコバ処理の最後に、縫い糸を革に馴染ませます。

 といっても、スリッカーで縫い糸の上を押し付けるようになぞるだけですが。

 これをやると、指先でポコポコ感じていた縫い跡感がだいぶなくなります。

 

完成品

f:id:happousyumi:20191103111321j:plain

 装着前。

f:id:happousyumi:20191103111354j:plain
f:id:happousyumi:20191103111357j:plain

 裏と表。

 とりあえず見かけ上はうまくできてるんですが…

 よく見ると縫い跡がガタガタ。

 そして失敗箇所が3つ。

f:id:happousyumi:20191103111620j:plain

 せっかくフリーで調整できるようにしたのですが…

 ギリギリ。

 本体をもう3cmは長くしとけばよかった。

 全長が34.5cmだったので、38cmくらいにしとけばよかった。

 

f:id:happousyumi:20191103112047j:plain

 シオリ部分の切れ込みを作成するため、パンチで穴を空けましたがギリギリ過ぎました。

 そのせいで菱目を2か所打てませんでした。

 縫い目が切れてます。

 これは致命的ですね。

 (m´・ω・`)m ゴメン…

 

f:id:happousyumi:20191103112454j:plain

 せっかくつくったシオリ部分もちょい失敗。

 革が硬いせいで、本の上のページに差し込もうとしても、浮いてしまいます。

f:id:happousyumi:20191103112838j:plain

 ある程度読み進めると、シオリもちゃんと使えるんですけどね。

 

まとめ

 失敗もありましたが、使える分には使えます。

 型紙を作成しなおして、リベンジと行きたいところですが、新書版のブックカバーってそれなりに革を使いますね。

 今回の経験を生かして、次は失敗しないと思いますが、依頼が無ければ作らないかな?

 皆さんは一発で失敗の無いよう作成してください。

 八幡でした。