八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

レザークラフト 初心者が名刺入れを小銭入れにリメイクしてみた

スポンサードリンク

後輩「八幡さん、業者さんから新しい名刺届いてましたよ。机の上に上げときました〜」

八幡「りょうかーい。ありがと〜」

ここまでは良かったんです

どうも、八幡です。

 

年度はじめに職場の異動があり、自分で名刺を作るのも面倒で業者に名刺を注文しました。

先日出来上がってきた名刺。

以前作った免許証&名刺入れにウキウキ気分で入れようとしたところ…

何故か入らない。

ん、マチ部分が邪魔してるのかな?

と思い、マチ部分が邪魔にならない角度で入れようとして…入らない。

f:id:happousyumi:20190425183608j:plain

なんで?

なんで!?

 

 

 

なぜ名刺が入らないのか

衝撃の事実。

なぜか名刺が入らない。

職場なのに、ちょっと泣きたくなってしまいました。

免許証は丁度良く入るのに…

もしかして…

名刺って免許証より大きいの?

重ねてみました。

f:id:happousyumi:20190425183557j:plain

でかい。

5ミリは大きい。

これは入らんわ。

免許証&名刺入れとして作成しましたが、作成時は免許証の大きさに合わせたからなぁ。

というか、免許証と名刺の大きさは同じだと思っていました。

明らかに思い込みよるミスです。

ミスったものは仕方ない(´-﹏-`;)

でも、名刺が入らない名刺入れなんて、どないしよう?

 

リメイクすればいいんじゃね?

免許証は入るんだから、免許証入れとしては使えます。

でも、せっかくだから名刺が入る予定だった部分も活用したい…

カードをまとめて入れとくか?

使わないポイントカードを、普段から持ち歩くのもナンセンス。

ならば小銭か?

うん、それなら入る。

でも、そのままでは飛び出て来ちゃいそうなので、ちょっと改造が必要です。

フタ止めれるようにバネホックつけて、小銭を取り出しやすいようマチを広げる…

なんとかなりそうです。

必要に応じて、リメイク出来るところがハンドメイド品の素晴らしい所ですよね。

 

小銭入れへのリメイク手順一覧

1、縫い糸をほどく

2、新マチとベルトの作成

3、コバ磨き、菱目打ち

4、ベルトの縫い

5、バネホックの取り付け

6、ベルトと本体の縫い付け

7、マチと本体の縫い付け

順番を間違えると取り付けられなくなるので、要注意です。

 

1、縫い糸をほどく

 せっかく頑張って塗った糸も、リメイクするには解かなければなりません。

 革に傷がつかないように、目打ちとハサミと糸抜きを使って、丁寧に糸を解いて行きます。

 革と糸の間に目打ちを挿し込んで、空間を作ってやると、ハサミが入れられます。

 はじめからハサミを入れようとすると、革が傷つくかもしれないので、注意しましょう。

 

2、新マチとベルトの作成

 小銭入れへのリメイクには、マチを広げるのは必須。

 カードに合わせてマチを作っていたので、小銭を入れると脇から出てくる可能性が…

f:id:happousyumi:20190425183621j:plain
f:id:happousyumi:20190425183644j:plain

 上下にマチを伸ばして、さらに広がるように幅を広くします。直線だったマチも角度をつけました。

 

 ベルトは最初つける予定は無かったのですが、バネホックの凹金具をつける事をイメージしたら…どこにつけるの?となりました。

f:id:happousyumi:20190425183306j:plain

 最初は写真の通り、バネホックを付けようと考えていました。

 しかしその通り付けると、バネホックの頭が邪魔になって、免許証が入らない。

 気づいて良かった。

 考えた末にベルトをつける事で解決。

 コレでリメイク出来ます。

f:id:happousyumi:20190425183432j:plain

 

完成品

f:id:happousyumi:20190425183443j:plain
 結局、作業を始めてから、3時間以上かかりました。

 ベルト部分は微妙かも?

 凹金具は緩くて少し、回ります…(^_^;)

 1ミリ厚はちょっとうすすぎました。

 マチはもう少し広げても、良かったかも?

f:id:happousyumi:20190425183658j:plain

 とはいえ、リメイク終了。

 コレで使用出来ます。

 少なくとも「小銭が入らない小銭入れ」なんてことはありません。

 近くのコンビニには、これ一つで行けるようになりました。

 

 次からはリメイクの必要がないように作っていこう。

 八幡でした。