八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

DIY 下地材を探す3つ方法 棚やラックを自由に壁掛けしよう

スポンサードリンク

たまーに部屋の模様替えや整理をすると、予定よりガッツリやってしまいませんか?

半日で終わる予定が、土日かけても終わらない…なんてこともあります。

どうも、八幡です。

 

めったに模様替えしないため、やる時にはスイッチ入るんでしょうね。

はてには壁面収納なんてモノにまで、手を出す始末。

置き場所がない中、壁がけ出来るなら、ありがたいことこの上ないです。

今回はDIYで壁掛けする方法を紹介したいと思います。

 

 

壁掛けってどこでもいいの?

 壁掛けするには、場所を選ばなくてはなりません。

 具体的には、壁の裏側に柱が通っている必要があります。

 木造住宅の内壁は、ボードなどに壁紙を貼り付けて出来ています。

 ボードはさらに柱に打ち付けられ固定されています。

 この柱を下地材と言います。

 ボードには物を支える強度はありません。

 壁掛けしようと、ボードのみに固定してしまうと、ボードが割れて壁が崩れてしまいます。

 八幡は昔のブラウン管テレビを廃棄するとき、家の壁にぶつけ、穴を空けたことがあります。

 案外ボードは脆いのです。

 壁がけするためには、ボードのさらに裏を通っている柱に固定する必要があります。

 柱は家を支えるための物ですから、ちょっとやそっとじゃビクともしません。

 まずは壁の中に隠された柱…下地材を見つけましょう。

 

下地材の見つけ方

 下地材はの見つけ方は大きく3つ。

 そのうち2つは費用も掛からず出来る方法です。

 ぜひ試してください。

 

下地材の見つけ方①

 壁内の柱…下地材を見つける最も簡単な方法はです。

 壁を指で軽くノックします。

 するとコンコンと響く音がします。

 5~10cm間隔でノックしていくと、途中で「コツコツ」と詰まった音に変わる場所があります。

 そこが、柱の場所です。

 柱のおおよその場所が分かったら、より細かい間隔でノックすると柱の幅までわかります。

 しかし、目に見えるわけでもないので不安があります。

 柱の幅で画びょうでも打っておくと分かりやすくなります。

 

下地材の見つけ方②

 次に簡単なのは針を刺していくことです。

 針を刺していくと、ボードのみの時は簡単に刺さっていきます。

 しかし下地材にあたると、刺さりにくくなります。刺すためにはよほどの力をこめなければなりません。

 これを利用して下地材を探します。

 商品も出ています。

 ノックしてだいたいのアタリを付けてから使用した方が、穴あけは少なくて済みます。
 下地材を見つけるだけでなく、壁の厚さも測ることが出来ます。
 

下地材の見つけ方③

 最も確実な方法は下地探しのセンサーを使うことです。
 使用するセンサーによっては下地を見つけるだけでなく、他にも色々な機能があります。
 何度も下地材を探す機会があるならば、購入しておいて損はない一品です。
 

自由に壁掛けする方法

 下地材がなくても、場所を選ばず壁掛けする方法があります。
 そのためには一手間必要ですが…。
 
 方法自体は簡単です。
 下地材と下地材の間に、壁の上から壁掛け用の木材を打ち付けるのです。
 壁掛け用の木材を打ちつけておけば、木材がある場所では、自由に壁掛けできます。
 下地材の間隔に制限される事はありません。
 八幡は壁掛け用の木材を、1✕4材で5枚ほど打ちつけました。
 
 この木材の上にリールスタンドを壁掛けしています。
 自由が効くので、スプールホルダーも壁掛けしています。
 費用や時間に余裕があるのであれば、木材の打ちつけを壁一面に行うと自由度アップ。
 一部を有孔ボードにしても面白いと思います。
 木材の塗装などで、部屋の雰囲気を変えることも出来ます。
 模様替えの時は一度、検討してみてください。

 八幡でした。