八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

DIY 糸魚川の海岸で使うヒスイ棒を自作してみた

スポンサードリンク

タイトルを見て「なんのこっちゃいな?」と思った方も多いかも?

それでもクリックしてくれた貴方は、ヒスイ拾いに興味があるとお見受けします。

どうも、八幡です。

 

八幡の趣味は「釣り」「DIY」「レザークラフト」「筋トレ」なんかがあります。

しかし、下火になったとはいえ、細々続けている趣味もチラホラ。

それが鉱石採集です。

鉱石採集で、昨年初めて行ったのがヒスイ拾い

新潟の糸魚川市の海岸で、職場の先輩に連れて行ってもらい、初体験しました。

その時、先輩から教えてもらったのが「ヒスイ棒」です。

ヒスイ採り棒」ともいうらしいですが、正式名称は不明です。

すいません。

今回は先輩の使っていた「ヒスイ棒」を、記憶を頼りに自作してみたいと思います。

ガチのヒスイハンターの方は、生暖かい目で見守っていただけると八幡的には幸いです。

 

「ヒスイ棒」って何?

 ヒスイで出来た棒ではありません。

 単なる棒の先に熊手穴あきお玉などをつけたものです。

 これで石を引っ掛けて、屈まずにヒスイを拾えるという道具。

 ヒスイを拾う棒...だから「ヒスイ棒」。

 海岸で長時間屈んで探すのは腰が痛くなるので、地元のベテラン勢は大抵使っているのだとか…

 確かに、観光客以外の地元勢は高確率で使っているようでした。

 ヒスイハンターと呼ばれるベテラン勢には必需品のようです。

 

 噂では糸魚川の地元では、ヒスイ棒自体が販売されているとかなんとか。

 前回は売ってるところ見ませんでしたが、どこにあるんだろう?

 

ヒスイ棒制作過程

 今回はヒスイ拾いツアーを数日後に控え、突貫DIYで挑みます。

 材料はたったの2つ

f:id:happousyumi:20190819233442j:plain

  • 塩ビ管1m
  • 100均熊手

 庭の隅に放置されていた塩ビ管と100均で購入した熊手です。

 作り方は簡単。

 塩ビ管の中に熊手を差し込むだけ。

 なんですが…

 予想通り引っ掛かります。

f:id:happousyumi:20190819233657j:plain

 熊手の取っ手の方が、塩ビ管の内径より一回りほど太い。

 要はこれを削ればいい。

 んで、持ち出したのがグラインダー。

f:id:happousyumi:20190819234007j:plain

 木工用の砥石はないので、仕方なくついていたシャープナーで削ります。

 一回りだけなんで何とかなるでしょう。

 ケガをしたらシャレにならんので慎重に...

 

f:id:happousyumi:20190819234211j:plain

 グラつかないように、もうチョイ入れたい。

 もうすこしグラインダーで削ります。

 微調整しながら…

f:id:happousyumi:20190819234353j:plain

 取っ手の半分ほど埋まりました。

 これくらいでいいかな?

 簡単には取れないと思いますが、念を入れて木ネジで止めたいと思います。

f:id:happousyumi:20190819234544j:plain

 表と裏で計3か所をネジ止め。

 これで動くまい。

 さらに熊手の隙間が少し広いので、手で狭めます。

 心持ち狭まったように感じますが・・・

 まあ、いいか。

 とりあえず、完成。

f:id:happousyumi:20190819235023j:plain

 いままでで、一番早いDIYだったかも。

 それなりの強度はあるので、疲れた時に杖代わりにもなりそうです。

f:id:happousyumi:20190819235211j:plain

 熊手の先端は購入時のままチューブがついています。

 けが防止ヒスイ保護に丁度いいので、そのままにしておこう。

 問題は、鉄製なのでいずれ錆びるだろうなぁということ。

 ステンレス製が良かったのですが、ステンレスの熊手…あるのだろうか?

 

まとめ

 実は去年もヒスイ棒を100均製品で自作しています。

 しかし、伸縮棒に穴あきお玉を、結索バンドでつけただけのお粗末な物。

 グラついて使い物になりませんでした。

 大失敗(;一_一)

 

 今回は少なくともグラつきはしないでしょうから、まともに機能することを願って実戦に挑みます。

 これでヒスイも見つかると良いのだけど・・・

 結果報告は早めに行いたいと思います。

 八幡でした。