八方趣味人

日課で運動、外で釣り、庭でDIYして、部屋でブログ・・・仕事はいつするの?

スポンサーリンク

レザークラフト レザーバーニングのメリット、デメリット

スポンサードリンク

娘の手帳型スマホケース、嫁のブックカバー、自分のスマホケースなどなど。

これらにレザーバーニングしてきました。

どうも、八幡です。

 

バーニングの絵柄は、基本的に転写が多いのでブログに載せられないのが残念。

その中でも娘のスマホケースの絵柄は八幡のオリジナル。

f:id:happousyumi:20200220132844j:plain

これが一番上手くできたなぁ。

次が自身の使っているスマホケース。

最近変化があったので、報告します。

 

レザーバーニングの変化

 問題の変化がこちら。

f:id:happousyumi:20200220135920j:plain

 せっかくバーニングした跡が剥がれてきています。

 革に焼き跡をつけるのがレザーバーニングなので、要は焦げがとれてきたのでしょう。

f:id:happousyumi:20200220135924j:plain

 特に立体成型した所の焼き跡が、特に剥がれてきています。

 出っ張っているので擦れやすく、そのせいなのでしょう。

 スマホケースなので、1日の間に何度も触ります。

f:id:happousyumi:20200220135927j:plain

 平面部分でも、特に触る部分はとれてきていることがわかります。

 作成から半年弱で、この変化。

 それだけ、愛着を持ってケースに触れていると言うことにしておきますか…

 変化ではなく「劣化」というべきでしょうね。

 下書きもあわせて、4時間くらいかかったのに(´д⊂)‥ハゥ

レザーバーニングのメリット

 レザーバーニングのメリットとして、最初に挙げられるのが、「行程が少なく簡単」だという事。

 革に模様などをつけようと思ったら、まず思い浮かぶのが「カービング」です。

 こんなのですね。

 革の不可逆性を利用して、金具と打ち具を使い、革に模様をスタンプしていきます。

 カービングは革を濡らしたり、模様を写して彫ったり、的確に模様をスタンプしなければならず、なにかと難易度が高そうです。そこに魅力があるのだと思います。

 カービングに比べ、レザーバーニングは模様を写して、焼いていくだけ。

 とても簡単です。

 焼くのも専用の器具を使えば、ペンで描いていく感覚と大差ありません。

 

 またカービングと比較して費用も安い」というメリットもあります。

 

 それと比較したらレザーバーニングは安い物。

 

レザーバーニングのデメリット

 デメリットと言えば、よく触る部分が「劣化」するということでしょう。

 焦げ跡がとれてきて、折角のアートが分からなくなる。

 とくに触る部分や出っ張っている部分、折り曲げられている部分は劣化が激しいです。

 バーニングアートを施すなら、あまり触らない部分を中心に行うと劣化が進みません。

 デザインを考える段階から、注意する必要があるでしょう。

 

レザーバーニング用品おススメ2選

白光 マイペンアルファ

 ハッコーさんのマイペンアルファ。
 10,000円程度の値段はしますが、レザーバーニングをするなら、こちらがおススメ。

 なんと言っても、温度調節が出来るところが素晴らしい。

 つまみをひねって温度を調節するだけで、濃淡の表現が苦も無くできてしまいます。

 安い温度調節機能が無いマイペンもありますが、そちらは描くスピードを早めたり遅くしたりで濃淡を表現しますが、素人にはなかなか難しいところがあります。

 温度調整機能はおススメです。

 温まるまでの待ち時間もほとんどありません。

 さらにペン先を変えることで、色々な焼き跡を付けていく事が出来てしまいます。

 

セイワ ホットモデラ

 

まとめ

 レザーバーニングは劣化もしますが、取り掛かりいうえに費用も低く抑えられます。

 お気に入りのレザーにアートを施したい場合は、レザーバーニングを検討してみてはいかがでしょうか。

 八幡でした。